憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.35 爪で二重のラインを作れるのか

Q. 毎日爪で二重ラインの癖付けをしていたら二重になるの?

アイプチなどで毎日二重にしていると、いずれ本物の二重になるという噂を聞きました。 二重のラインの癖がまぶたについて定着するということなら、爪で毎日まぶたをなぞっても二重になるかもしれないということでしょうか?

もしそれで成功するなら、お金もかからないし毎日がんばれる気がします。でも、爪でまぶたをなぞるってなんだか怖いし、どれくらいの力でやっていいのかも分かりません。
実際に爪で二重を手に入れた人っていますか?

A.実際になった人はいる

確かに、爪でまぶたを毎日なぞっているうちに、いつの間にか二重になったという声はときどき聞かれます。ですがおっしゃるとおり、爪は鋭利で危ないので、力加減によってはまぶたや目を傷つけてしまうこともあり注意が必要です。

また、続けることで必ず二重になれるというわけでもないため、方法としては確実ではないでしょう。お金がかからないからといって爪を使って二重のラインを癖づけても、それで目を傷つけて病院に行くことになっては元も子もありませんよ!

爪以外で二重になる方法

むくみを取る

二重のラインを癖づけしたいなら、まず準備としてまぶたがむくみを取る必要があります。まぶたがむくんでいると、せっかく二重の癖をつけてもまぶたのお肉が元に戻ろうと反発してしまって、癖がつきにくくなってしまうのです。

癖がつかないからと焦ってまぶたを無理やり触り続けていると、皮膚が傷ついて反対に腫れてしまうことも!これでは二重からはさらに遠ざかってしまいます。目のまわりをマッサージしたり、温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てたりする方法でまずはむくみを取りましょう。

爪楊枝やヘアピンを使用する

爪楊枝やヘアピンの尖っていないほうを使えば、爪よりは安全に二重のラインをつけることができます。なお、この場合も爪と同様で、力を入れすぎるのは厳禁!痛みを感じない力加減で、朝晩それぞれに10回程度なぞってみましょう。

もちろん1回では効果は出ませんが、毎日続けることで徐々にまぶたがそのラインを覚えてくれる可能性がありますよ!

アイテープを使用する

アイプチをし続けることで二重を手に入れたという声があるように、アイテープでも同じ効果を得られることがあります。アイテープならメイクをしていても使えますし、日中ずっと二重をキープできるため、まぶたをなぞる方法より長時間に渡って癖づけをすることが可能です。

なお、アイテープをすぐに用意できないなら、絆創膏を細く切って使って代用してもOK。このとき注意すべきなのが、毎日必ず同じラインにアイテープを貼ること!気分でラインを変えたり、適当に「このへんかな?」とアイテープを貼ったりする方法では、二重のラインが定まらず定着も遅くなってしまうことでしょう。

自力で無理なら二重整形も!

爪などを使ってまぶたに癖をつける方法も、アイテープを貼る場合にも、自力で自然な二重を手に入れるためには毎日続けることが必要です。「いつかきっと二重になれる!」と最初はやる気に満ちあふれていても、ふとしたタイミングで面倒になってしまうことも…。

「継続することが苦手」「いますぐに二重にしたい」というなら、二重整形がおすすめです。二重整形なら、コツコツと地道な努力を重ねる必要もなく、いますぐ理想の二重を手に入れることができますよ!

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.