憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.28 一重・奥二重で逆さまつげになる

一重や奥二重の方は、逆さまつげに悩みやすいと言われています。目に突き刺さるまつげで悩む一重女子の体験談と一緒に、逆さまつげを撃退する方法をチェックしてみましょう。

Q.まぶたに負担をかけずに逆さまつげを治したい

私は一重&逆さまつげです。小さい頃お母さんに連れられて行った眼科では、お医者さんから「逆さまつげで角膜に傷が付くから、二重にしたほうが良い」と言われました。

「メイクを楽しむためにも二重にしたいな~」とは考えています。でも、まぶたが伸びてしまう方法は怖いんです…。整形は金額が高そうなので考えていません。何か他に二重にする方法はありませんか?

A.逆さまつげは、まつげパーマ・アイプチ・二重整形で対処

逆さまつげは、まぶたの内側に向かって生えるまつげのことです。一重・奥二重の方が目を開くと眼球に突き刺さるかたちになり、痛みがおきてしまいます。改善するにはまつげを外側に向けることが第一。以下3つのまつげの向きを変えてくれる方法がおすすめです。自分にぴったりな方法で、快適な目元にしちゃいましょう。

まつげパーマでまつげを外向きに

まつげにパーマを当てて、外向きに固定する方法です。毛の向きが外側になることで眼球へのアタックはなくなります。

しかし1ヶ月程度しかカールを保てないのがネック。定期的に美容室に通い、施術を受ける必要があります。1回あたり約4,000円で、年間だと48,000円ほどの出費になり、アイプチと比べると高めの方法です。

お手軽!アイプチで二重に

まつげが内側に生えている場合、二重にすればOK。目を開いたときにまつげが外向きになり、刺激を受けずに済むのです。

アイプチはまつげパーマに比べると安く、家でできるのも嬉しいポイント。手軽に逆さまつげから解放されたい方にはぴったりです。

しかしアイプチは毎日しなくてはいけません。また長期間つけすぎるとまぶたに負担がかかり、まぶたが伸びて二重にできなくなることも。一時的な解決策にはなりますが、長く続けると考えると避けた方がいい方法です。

逆さまつげなら、二重整形が保険適用に!

まつげで目が傷つく・結膜炎を繰り返す場合は、二重整形の埋没法と同様の施術が保険適用されます。そのため、通常より安く施術を受けられるように。

根本的に逆さまつげを治すには、まつげが生えている部分を常に外側にしなければいけません。二重整形を受けると、目を開いたときにまつ毛が外側に向き、まつげによる攻撃を受けなくて済むのです。

二重整形には皮ふを切らない埋没法と、まぶたを切る切開法があります。ほとんどの場合は切らない埋没法で改善されますが、逆さまつげが多い場合・下まぶたに生えている場合は切開法をおすすめされます。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.