憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.30 アイプチとマツエクを併用したい

vol.30 アイプチとマツエクを併用したい

目を大きく&可愛く見せたい一重女子・奥二重女子にとって、アイプチは必須アイテム。目元をさらに愛らしくするために、マツエクもやってみたい…と考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな女子の体験談と、アイプチ&マツエクのW技についてご紹介します。

Q.アイプチを続けながらマツエクをしたい

私は一重で、小さな目がコンプレックスです。アイプチやメザイクで二重にして、どうにか目元を印象付けられるようにがんばっています。

最近友人がマツエクをして、目をぱっちりさせていました。私もやってみたいなあと思ったのですが、アイプチをしながらでもマツエクができるのでしょうか?まつげに引っかかるからできないということになりませんか?

A.併用OK!でも注意点があります

普段アイプチを付けている女子でも、マツエクは装着できます。アイプチの二重と華やかな印象をつくってくれるマツエクで、パッチリお目目を手に入れられますよ。しかし、アイプチ&マツエクを長続きさせるためには、いくつかのポイントに気を付けなければいけません。

アイプチをしたままの施術は、まつ毛の方向がバラバラになることも…

マツエクの施術は、アイプチをしたままでもOKです。しかし、アイプチはまぶたが引っ張られている状態。まつ毛がすっぴんの時より上を向くようになっています。そのため、アイプチをしたままマツエクをすると、メイクを落とした際まつ毛がバラバラな方向を向いている…なんてことも。

アイプチでは毎回同じような二重幅が作れないことも覚えておきましょう。施術した時は、バランス良く仕上がっていても、翌日以降のアイプチの腕次第で、スタイルが変わってきてしまうのです。

メイクを丁寧に落とさないと、マツエクが長持ちしない!

また、アイプチ&マツエクのW技を使うときに注意したいのが、メイクの落とし方。間違った方法でアイプチ・メイクを落とすと、マツエクに負担がかかり取れてしまいます。

以下のポイントを抑えて、キュートな目元を長続きさせましょう。

オイルインのクレンジングはNG!

マツエクはグルーで装着しています。オイルクレンジングを使用すると、グルーが溶けてしまい、マツエクが外れてしまうことも。マツエクをしている間は、リキッドタイプ、ローションタイプ、水性ジェルのクレンジング剤を使用するようにしましょう。

マツエクをしている間は、リキッドタイプ、ローションタイプ、水性ジェルのクレンジング剤を使用するようにしましょう。

メイクを落とすときには綿棒をつかう

水性クレンジングを使うとしても、なるべくマツエクには触れないようにしておくとエクステが長続きします。

まつ毛に触れずに目元のメイクを落とす際に使用したいのが、極細の「ベビー綿棒」。ピンポイントでアイプチを落とせる代物です。

アイプチはテープタイプを使う

細かい作業が苦手な方は、のりタイプではなくテープタイプのアイプチを使用しましょう。

テープタイプならクレンジング剤を使用せずともメイクを落とせるのがポイント。のりタイプよりもまつ毛をうまく避けられるため、マツエクを長続きさせられます。どれだけまつ毛を避けられるかがマツエクを長続きさせるコツです。

メイク落としに時間をかけたくないなら、アイプチを卒業してみる

「のりタイプでバッチリ二重にしたい」「丁寧に落とすのは難しい…」と思っている方は、アイプチからの卒業を考えてみてはいかがでしょうか。

二重整形を受ければアイプチをする必要がないため、まつ毛付近にオイルクレンジングを着ける必要がなくなります。アイプチに取られていた時間も、他のメイクにかけられるので今よりもっとメイクを楽しめるチャンスです。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.