憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.26 アイテープで二重の癖がつくウワサに胸躍らせる

vol.26 アイテープで二重の癖がつくウワサに胸躍らせる

一重女子に伝わる「アイテープで癖をつければ二重になれる」というウワサ。本当にアイテープを付けていれば二重になれるのでしょうか?ここではそんな疑問をもった一重女子の体験談を紹介します。

Q.アイテープをつけ続ければ二重になれる?

私は二重になりたくて、日頃からアイテープを利用しています。以前ネットで”アイテープをしながら寝ると二重の癖がつく”と書いてあったのを見たので、さっそく実践。まだ2週間ほどしか経っていないのですが、二重にはなれません。朝アイテープを取ると、30分くらいで元の一重まぶたに戻ってしまうんです。

これからあとどれくらい続ければ二重になるんでしょうか?それとも”アイテープを使い続ければ二重になれる”こと自体が嘘…?

A.アイテープで二重が癖付くのは難しい!

アイテープで二重になった一重女子はいるものの、「失敗した…」という方がいるのも事実。アイテープの癖付けは確実に二重になれる方法とは言えないようです。

二重になるどころかまぶたに負担がかかり、理想の目元から遠ざかってしまうこともあります。自分が二重になりやすいタイプなのかを判断したうえで、チャレンジしてみましょう。

アイテープで二重の癖付けが成功する人って?

アイテープを着けていてもいつまでも二重になれない人がいる一方、数週間着け続けるだけで二重になれる人もいます。どうしてアイテープで二重になれる人となれない人が分かれてしまうのでしょうか?

二重の癖付けが成功する人は、「まぶたが薄い人」。まぶたの脂肪が少なく、癖が付きやすくなっているのです。しかし、両目の二重幅をそろえるのは難しいため、ちぐはぐな雰囲気になってしまうこともあります。

アイテープの癖付けに潜む黒い影…

アイテープを長期間つけることで、目元に負担がかかり理想の二重から遠ざかってしまうことも。まぶたに負担をかけてしまうと、一体どうなってしまうのでしょうか?

まぶたがかぶれてしまう!

アイテープには接着剤が使用されているため、アレルギーの方や敏感肌女子にはあまりオススメできません。長時間の利用は、アレルギーやアトピーの方だけでなく肌が弱い方のまぶたにもかぶれを引き起こしてしまうのです。かぶれによってまぶたが厚くなることもあり、すっきりとした可愛い二重から遠ざかってしまうこともあります。

まぶたが引っ張られて伸びてしまう

アイテープはまぶたを引っ張りあげて糊でくっつけるアイテム。二重をつくると、どうしても皮ふが伸びやすくなってしまうのです。またアイテープを外すときに無理矢理はがしてしまうのは、皮ふが伸びてしまう原因に。一度伸びた皮ふは戻りにくいと言われています。可愛い二重になりたいのに、おばあちゃんみたいな「だるん」としたまぶたになってしまうのは避けたいですね。

アイテープで癖付けしにくいなら、二重整形も手!

「肌荒れしやすい体質」「まぶたに厚みがあって癖付けしにくい」という方は、アイテープで二重を癖付けするのは難しいでしょう。そんな一重女子には二重整形がおすすめ。バランスの良い二重幅にしてくれるので、理想の目元になれるチャンスです。自然な二重からハーフ風なパッチリ二重まで、”なりたかった自分”になりましょう。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.