憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.6 マスカラがまぶたについちゃう

Q.マスカラがまぶたについて台無し!汚れないようなやり方って?

ぽってり一重なので、上まぶたにマスカラがついちゃって困っています。せっかく可愛いアイシャドウでアイメイクをバッチリきめても、マスカラのせいですべて台無しになってしまうことも。まぶたが邪魔でビューラーをしてもまつげが上がりにくいし、まぶたのぽってりお肉が憎いです!

マスカラをするのやめようかな…と思ってしまうこともありますが、やっぱりお人形さんのようなカールしたまつげとパッチリ目になる夢を捨てられません。それにマスカラをしたほうがやっぱり目元が華やかになるし…。マスカラで汚れた目元とサヨナラできる方法はないんでしょうか。

A.ぽってり一重さんのマスカラ攻略のカギは「ビューラーの使い方」にあり!

上まぶたとまつげがぶつかりやすいぽってり一重さんは、ビューラーを使うときに根元からしっかり上げるのはNG!根元に力を入れるとまつげの角度が急になってしまい、塗ったマスカラがまぶたにくっつきやすくなってしまいます。

目元をキレイに仕上げたいなら「根元は軽く、毛先はしっかり」が◎。また、マスカラを塗るときに2つ折りにした厚紙かメモ用紙などで上まぶたをガードすると、目元が汚れないのでおすすめです。

マスカラが取れてパンダ目になりやすい一重さんは「下準備」を大切に

まぶたがまつげに重なりやすい一重さんはマスカラでバッチリ決めても、時間が経つとマスカラが取れてパンダ目になりがち。ずっとキレイな目元で過ごすためのポイントは「下準備」にあります。

まつげをカールしてからすぐにマスカラを塗っているという方は、その前に「マスカラ下地」でワンステップ置くのがGOOD。下地をつけておくことでマスカラが塗りやすくなり、落ちにくくなるのでパンダ目になるのをガードしてくれます。また、マスカラを塗る前にブラシについた余分な液を1度ティッシュオフするのもポイントです。薄塗りすることでダマになりにくく、目元をキレイに仕上げてくれます。

肝心のマスカラは水や汗に強いウォータープルーフか、もしくは皮脂に強くてお湯で落とせるフィルムタイプがおすすめです。ウォータープルーフは皮脂には弱いので、ウォータープルーフでもパンダ目になるという方はフィルムタイプが心強い味方になってくれますよ。

根本的な原因のぽってりまぶたとサヨナラしたいなら二重整形がおすすめ

まつげとくっつきやすいぽってりまぶたをスッキリさせたい一重女子さんには、二重整形をおすすめします。アイプチという手もありますが、慣れないうちはコツをつかむのに時間がかかって不自然な仕上がりになりがちです。

ただでさえ色々と忙しい朝に時間をかけたくないという方は、1つの時短テクとして二重整形を選択肢に入れておくと◎。二重整形ならプロ級のメイクテクニックがなくても憧れのパッチリ目元に近づくことができます。

まぶたがスッキリするので、マスカラがまぶたにつくという悩みからもサヨナラできるのが魅力です。憧れの二重になれば「一重だから似合わない」と諦めていた旬のコスメやファッションを楽しむことができ、好きなおしゃれを思いっきり満喫できます。コンプレックスから解放されて、前向きなガールズライフを過ごしたい方は二重整形を検討してみてはいかがでしょうか。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重コンプレックスで悩む女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.