憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.23 写真写りが悪くなる

目元のコンプレックスのせいで写真が苦手な一重女子も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな一重女子のために可愛く映る方法をご紹介します。

Q.一重でも写真写りをよくするにはどうしたらいいの?

私にはくっきり二重の友達がいます。美人な彼女は、一重の私にとってあこがれの人です。私も一緒に写真に写れるように、日頃からアイプチやメイクで二重にしています。

しかし、先日一緒にお泊りをした時のツーショット写真を見て、自分の一重まぶたにびっくり。すっぴんの状態で自撮りをすると、二重と一重ではこんなに印象が違うんだと気づかされました…。それから、アイプチなしの状態でも可愛く撮れる方法を研究していますが、うまくいきません。すっぴん一重でも可愛く写れる方法はありますか?

A.ちょっとあごを上げ・目を開きすぎないのがベスト

一重女子は、目を大きく見せようとして上目遣い・目を大きく見開いてしまうことが多いはず。しかし、この2つは写真写りを悪くしてしまう原因になってしまいます。あごを引かずに、目を見開かないで写ると、目が大きく見えますよ。

あごを上げて撮るとデカ目効果

よく証明写真や集合写真では「あごを引いて」と指示されます。これは、顔と背筋をピシっと姿勢を正しい状態にして、あごのラインをシャープに見せる方法です。

しかしあごを引きすぎてしまうと、上目遣いになってしまいます。一重の方は、上目遣いをすると目の幅が狭くなり、目つきが鋭くなってしまいます。

オススメは、少しだけあごを上げて写る方法。あごを上げると、目をほどよく開くことになり、黒目が大きく見えます。大げさにあげてしまうと不自然になってしまうので、自然な範囲を鏡や自撮りで研究しましょう。

目を開きすぎると黒目が小さく見える

目を大きく見せるために目を見開きすぎるのはNG。目を見開くと、黒目と白目のバランスが悪くなってしまい、怖い印象を与えてしまいます。

黒目を大きく見せるためには、眉毛があがらない程度に開くのがベストです。それ以上あげてしまうと、白目が見えてしまいます。

口角を上げて

写真において笑顔は大切。目が細くなってしまうからと言って真顔で写るのはもったいないものです。

口角を上げて上の歯が見えるように笑うと、明るい笑顔がつくれます。目を細めると黒目がちになるため、可愛く撮られるチャンスでもあります。ぜひ素敵な笑顔で、記念の写真を残しましょう。

ふとした瞬間の写真もモデル級に可愛くなりたいなら二重整形がおすすめ

可愛く見せるためには、どう自分が写っているのか意識しなくてはいけません。特に一重女子は目つきが鋭く見えてしまう瞬間があるので気を付けましょう。

しかし常にカメラを意識するのは難しいもの。「ふとした瞬間の写真でも可愛くありたい」と思うなら、二重整形がおすすめです。すっぴんの時でも、自分の憧れている芸能人のような二重になれます。クリニックによっては、好きなモデルの二重に似せてくれることもあるので、カウンセリングで相談してみましょう。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.