憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.53 二重整形の失敗をやり直したい!
  

vol.53 二重整形の失敗をやり直したい!

Q. 二重整形の失敗はやり直しができる?

ぱっちりとした二重に憧れて二重整形をしましたが、二重の幅が理想よりもずっと広く出来上がってしまい、腫れぼったいような不自然な二重になってしまいました。二重整形の失敗は、やり直しができるのでしょうか。

A. 埋没法で二重整形を行なった場合は、やり直しできる可能性が高いでしょう

ひとくちに二重整形といっても、さまざまな施術法があります。埋没法と呼ばれる、まぶたの裏から糸で皮膚を縫い止めて二重を作る二重整形では、失敗のやり直しができる可能性が高いでしょう。

切開法では、まぶたの皮膚や脂肪を取りのぞいて二重を作るため、まぶたの状態によっては失敗の修正ができない可能性があります。ただし、埋没法で二重整形をしても、糸がすぐにゆるんで何度もやり直す場合は、切開法で二重を作るほうが良いでしょう。

二重整形の失敗でありがちなパターンとは?

二重整形をしても、「失敗」と感じてしまうケースがあります。二重整形の失敗でありがちなパターンを紹介します。

埋没法での二重整形は失敗のやり直しができる施術法!

埋没法で二重整形を行なった場合は、失敗のやり直しができる可能性が高いでしょう。埋没法は、切開せずに、まぶたの裏側から、髪の毛よりも細い糸を通して皮膚を縫い止めて二重のラインを作ります。以前に施術した際の縫い止めてある糸をほどいてやり直せば、多くの場合で失敗を修正することができます。

ただし、施術の度にまぶたに負担がかかるため、何度でも際限なく失敗を修正できるわけではありません。何度も二重が取れる場合は、切開法での二重整形をおすすめします。

切開法での二重整形は失敗のやり直しができないこともある

切開法は、半永久的な二重を手に入れられる二重整形です。切開での二重整形は、まぶたの皮膚や脂肪を取り去って二重ラインを作ります。残っている皮膚や脂肪の量や状態によっては修正できることもありますが、ほとんどの場合で、失敗のやり直しは難しいでしょう。

切開法で二重整形の施術を受ける前に、埋没法やアイプチで希望する二重ラインを医師に確認してもらい、理想とする二重ラインができるように切開法で施術してもらうと、失敗が少なくて済むでしょう。

重整形で失敗しないためにクリニック選びは入念に

二重整形で失敗した場合は、施術法によってやり直しができる場合とそうでない場合があります。埋没法で形を決めてから、切開法に切り替える方法もあります。二重整形で失敗しないためには、事前にしっかりと病院のリサーチしておくことが大切です。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.