憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.48 重い一重でアイプチができない…。

vol.48 重い一重でアイプチができない…。

アイプチの画像

Q.重い一重で、アイプチがうまくいきません…

私は腫れぼったくて重い一重まぶたです。少しでもかわいい目元になりたくて、アイプチやアイテープを頑張って使っていますが、なかなかうまくいきません。きれいな二重が作れず、できてもすぐに剥がれて二重が長持ちしません。どうやら、まぶたが分厚くて重いから、アイプチのパワーが負けてしまっているようです。

アイプチをしないと暗い印象になってしまうのに、そのアイプチも上手にできない…。そんな八方ふさがりの私にアドバイスをお願いします。

A. 重い一重まぶたのアイプチはひと手間をかけて

腫れぼったくて重い一重は、脂肪の厚みによって癖がつきにくく、アイプチをしてもまぶたの重みで剥がれやすくなってしまいます。そのため、重い一重まぶたの人がアイプチを使う時には、剥がれないようにひと手間かけてみましょう。

重い一重まぶたの人がアイプチを上手につけるポイントを紹介します。

アイプチの前にマッサージと汚れオフする

重い一重の人は、そもそも癖がつきにくくアイプチ自体が定着しにくいものです。その際はアイプチを使う前に一工夫してみましょう。

まずはまぶたを少しでもすっきりさせるために、むくみ取りのマッサージがおすすめです。優しく肌に負担をかけないように眉に沿って外側に脂肪を流すようにしてみましょう。

また、アイプチはアイメイク前に、皮脂汚れなどをオフしてから塗るようにすると持ちが良くなります。 ただし、製品によってメイク後にするタイプもあるし、接着が強すぎてメイク後でも大丈夫なものもあるので、自分に合わせて調節してください。

ダブルでアイプチを使う

アイプチが定着しにくい頑固なまぶたには、アイプチやアイテープを2種類組み合わせて使って強化する方法もあります。接着式やファイバータイプ、テープ式など、いろいろ組み合わせて、自分に合うものを探してみましょう。

重い一重の人はアイプチするのも大変

重くて腫れぼったい一重まぶたの人がアイプチする時は、一工夫、手間をかけてあげるとぐっと良くなります。上手にできるようになるまでに時間がかかるかもしれませんが、根気よくチャレンジしてみましょう。

とはいえ重い一重の人は、アイプチを長持ちさせるのも大変です。加えて毎日するならなおさらでしょう。いつでも簡単に自然な二重でいたいのであれば、二重整形も考えてみましょう。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.