憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.25 寝起きがブスになる

奥二重・一重女子にとって寝起きの顔のむくみは天敵。ここでは、彼との素敵な夜明けを目指す奥二重女子の体験談や寝起きを可愛くするポイントを紹介しています。

Q.寝起きを可愛くするためには?

日中は奥二重で、メイクをすればわりと自然に二重になる私。しかし寝起きは顔がむくみ、重たい一重になってしまいます…。顔が変わってしまうだけではなく、むくみが治まるまでメイクができないのがツラいです。

彼氏といつかお泊まりをする前に、どうにかして寝起きブスを改善させたい…!少しでも解消できる方法はありますか?

A.就寝前のひと手間で可愛くなる!

寝起きが可愛くならない一番の要因は、顔のむくみ。血行不良やリンパの流れがうまくいかずに、体のなかで老廃物が滞ってしまうのがむくみの原因です。

彼氏に可愛い寝起きを見せられるように、顔のむくみを抑える方法をチェックしましょう。

アルコールや塩分は控えめに

お酒を飲むと、体はアルコールを分解するために多くの水分を消費します。水分が多く消費されたことで、体は脱水症状にあると勘違いして体内に水分を溜めこんでしまうのです。また味の濃い食事をすると、体内の塩分濃度を一定にしようとして、体に水分を多くため込んでしまいます。

ため込んでしまった水分は、横になって寝ている間に、顔に集まりむくみになるのです。寝起きも可愛くいたい日は、お酒や塩分を控えるのがベストです。

寝る前の水分は少なめに

睡眠中は肝臓の機能が低下するため、水分が排出されません。そのため寝る直前に水分をとってしまうと、むくんでしまいます。

しかし、キレイを保つためには水分補給も大切。むくまないために、寝る30分前にコップ1杯の水を飲むのがオススメです。

冷たいアイクリームで腫れ予防

肌にハリを与えてシワの予防に使うアイクリーム。実は、目の腫れやむくみにも役立つアイテムです。

ポイントは冷やして使うこと。冷たいアイクリームは、皮ふの血行循環を促進し、疲れ目やむくみをやわらげてくれます。毎日のアイクリームで、目のむくみとおさらばしましょう。

うつ伏せと低い枕はNG!

血行不良により、水分が溜まって引き起こされるむくみ。顔の血行がわるくなるうつ伏せ・低い枕は、顔に水分を溜めてしまう原因です。

枕の高さは、顔が体より低くならないくらいがベスト。横向きに寝たとき、顔と体の中心を結んだ線が平行になれば、適度な高さです。ずっと横向きだとむくみが偏ってしまうので、なるべく仰向けで寝るようにしましょう。

寝起きでもぱっちり二重になりたいなら、二重整形がおすすめ

可愛い顔で起きたいなら、就寝前のケアは必然。「寝る前までケアに追われたくない!」「寝起きで一重になってしまう」という方は二重整形がおすすめです。

整形を行っても、むくみが完全になくなるわけではありません。しかし、むくみが治まるまでメイクを待つ必要がなくなります。好きな彼にキュートな寝起きを見せるチャンスにも繋がりますよ。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.