憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [医師監修]二重整形にまつわる不安解消Q&A » Q. 二重整形で奥二重のような自然な二重になれますか?

Q. 二重整形で奥二重のような自然な二重になれますか?

A.奥二重・控えめな二重ラインにデザインするのは可能です。

二重の幅が狭く、日本人らしい自然なラインを持つ奥二重。ナチュラル感やフェミニンな印象を手に入れたい女性に最適な目の形です。

二重整形では目と二重の幅を細かく調整できるので、奥二重をはじめとした自然な二重ラインをつくれます。各美容クリニックでは、施術前に必ず行うカウンセリングを実施。医師と理想の目の形を相談しながら、希望のデザインを考えていきます。整形後にどのような顔に仕上がるか、事前にシミュレーションも可能です。

監修ドクター 恵聖会クリニック 鬼頭恵司 先生

国立岐阜大学医学部を卒業後、小児科を経て美容整形外科に。麻酔手技や細微外科手術手技を習得し、形成外科・美容外科に生かしている。2000年に恵聖会クリニックを創設。美容医療の質を向上させ続けるために他院経営は行なわない姿勢を貫いている。技術の向上・適正な価格・術後の万全なアフターケアをモットーに美容医療を提供するドクター。

奥二重に整形する意外なメリット!

まぶたの形が戻りにくい

二重の幅が狭い奥二重は、幅の広い末広二重や平行二重をつくるよりも、まぶたにかかる負担を抑えられます。まぶたに細い糸を通してラインをつくる埋没法の場合、二重の幅を広く取るとまぶたへの負担が大きいため、施術からわずか1年ほどで取れてしまうこともあります。しかし幅の狭い奥二重であれば、他のデザインよりも糸の持ちが良いのです。「奥二重をつくるなら埋没法で十分!」と考える医師もいます。

自然に仕上がる

映画化もされた人気漫画『テルマエ・ロマエ』の中で「平たい顔族」と呼ばれたように、日本人は凹凸の少ない顔をしています。そのため、海外スターのようなパッチリした二重ラインをつくってしまうと、目だけが浮いて不自然に見える可能性が…。

奥二重は日本人によく見られるナチュラルなラインです。元から二重だったかのように、自分の顔に馴染むでしょう。

バレにくい

自然なラインをつくる奥二重への整形は、生まれつき二重であるように仕上がるので、「いかにも整形した感じの顔」には見えません。そのため周囲にバレにくい二重整形です。特にアイプチを使っている人であれば、極端な変化にはならないのでバレる可能性が低いでしょう。

ダウンタイムが短い

奥二重をつくる程度であれば、簡単な施術で十分です。切開が必要なく、まぶたに小さな穴を空けて糸を通すだけの埋没法であれば、ダウンタイムが短いためすぐに普段通りの生活を送れます。

ただしダウンタイムは短いだけで、腫れや内出血などが術後に起こる可能性はゼロではありません。施術翌日から学校・会社に通えますが、可能であれば2~3日は安静に過ごせるように休みを調整しておくのが良いでしょう。

埋没法は奥二重になりたい人におすすめの整形術

パッチリ二重ではなく幅の狭い奥二重をつくるのであれば、糸で止めるだけの埋没法がおすすめです。2点留めでもきれいな奥二重はつくれるので、費用を抑えつつ、体への負担が少ない整形術で理想の目の形が手に入ります。

ただしまぶたに厚い脂肪がついている場合は、脂肪を除去する必要もあるので医師から切開法を勧められる場合も。人によって最適な二重整形術は異なるので、カウンセリングで「なりたい目」について十分に話し合うのがおすすめです。

監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師(美容外科医)

異色の経歴を持つ、大阪の二重整形の名医
国立岐阜大学医学部卒業後、小児科から医師としてのキャリアをスタート。美容外科医のなかでは異色の経歴を持つドクターです。小児科のほか、ICU・婦人科・外科一般での経験から「微細外科手術手技」や「麻酔手技」を磨き上げ、美容外科へ転科。2000年6月、大阪・京橋に恵聖会クリニックを創設し、2005年に心斎橋院も開院しました。適正かつ明瞭な料金設定をはじめ、技術力の向上を欠かさない姿勢、そして万全のアフターフォロー体制から、多くの患者の信頼を得ています。 監修者情報はこちら>
監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師 恵聖会の公式サイトを
詳しく見る
あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.