憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » エリア別 人生が180度変わった -大阪女子の二重整形物語 -

人生が180度変わった -大阪女子の二重整形物語 –

一重や奥二重に悩まされていた大阪女子たちの二重整形術の体験談をご紹介。二重整形を決意したきっかけや術後の様子を見ましょう。また二重整形が成功・失敗する要因も考察しています。

※紹介している体験談は、よくある事例をもとに再構成したフィクションです。

毎朝ユウウツな気分でアイプチをしていた
梅田のOL・志保の体験談

平日はうめきたの商社で働き、休日はショッピングやデートを楽しんでいる志保。一見充実した生活を送っている彼女の唯一の悩みが「一重」だった。

彼女にとって、朝はユウウツな時間だ。アイプチだけで15分もかかってしまう。自然な二重にならなかったり、くっつかなかったりすると、やり直し…。二重整形も考えたが、ちょっと臆病な志保はなかなか踏み切れない。

そんな彼女は、参加した合コンでイケメンテレビ局員の翔と出会った。

脱アイプチで自然な二重になりたい
梅田のOL・志保の体験談を読む

転職・上京を機に二重整形を受ける
心斎橋・南船場のOL・由依の体験談

残っていた有給を消化しながら、転職・上京の準備を進めている由依は、この機会を利用して二重整形手術を受けることを決めていた。

昔から一重がコンプレックスだった。がっつりアイメイクをしても、まぶたに隠れてしまって意味がない。「怒ってる?」と勘違いされた経験も、たくさんある。友だちに相談しても「一重でもキレイな芸能人もたくさんいるよ!」と的外れなアドバイスをされてしまう。しかも、挙げられる芸能人は、奥二重の人ばかり…。

「可愛い芸能人みたいな、平行タイプの二重になりたい」そう願った由依に、一つの選択が迫られる。

芸能人みたいな二重になりたい
心斎橋・南船場のOL・由依の体験談を読む

推しアイドルみたいな二重になりたかった
難波の学生・理沙の体験談

高校を卒業して、春休みを満喫している理沙。今日は彼とアメ村でデートし、予約していた乃木坂のライブDVDを購入した。

理沙と同じまいやん(白石麻衣)推しの彼とライブDVDを楽しく鑑賞している最中、彼の一言が理沙の胸に突き刺さる。「お前、まいやんとまったく似てないよなあ。一重だし(笑)」

一重で悩んでいた理沙は怒ると同時に深く傷ついた。そして、勢いで二重整形を受けることを決めてしまう。「まいやんみたいに、お人形さんレベルのぱっちり二重になってやる!」

その翌日、とある難波の美容クリニックには理沙の姿が合った。

お人形さんレベルのぱっちり二重を目指す
難波の学生・理沙の体験談を読む

奥二重で嫌な思いはもうしたくない
京橋のOL・香奈の体験談

ずっと奥二重がコンプレックスだった香奈は、上司に言われた言葉にショックを受けていた。「眠そうな顔してるよね。来客対応中は目を見開いて、パッチリでよろしくね!」

もちろん、上司の冗談だということは分かっている。その場では彼女も笑ってみせたが、内心ではまったく笑えなかった。

奥二重のせいで嫌な思いをたくさんしてきた香奈は、二重整形を受けることを決断する。「コンプレックスのせいで、嫌な思いはもうしたくない!」

万人受けする末広タイプの二重になりたい
京橋のOL・香奈の体験談を読む

一重を気にしなくて済む本の世界から卒業した
天王寺の書店員・真紀の体験談

子どもの頃に男の子にからかわれて以来、ずっと一重がコンプレックスだった真紀の体験談。誰にもからかわれない本の世界が大好きだった真紀は大人になり、天王寺の書店として働いていた。そんなとき、大手出版社の営業をしていた一人の男性と出会う。真紀の一重を「大人っぽくて素敵だ」と言ってくれた彼。もちろん、真紀が惹かれるのに時間はかからない。

彼のひと言でコンプレックスがやわらぎ、日常が明るくなり始めていた彼女を襲ったのは、何も知らない友人からのLINEだった。

二重になって明るく笑いたい
天王寺書店員・真紀の体験談

二重の姉がコンプレックスだった
堺市の大学生・綾香の体験談

小さなころからパッチリ二重の姉と比べられてきた綾香は、自然と姉を避けるように生きていた。姉とは別の高校・大学へ行き、アイプチで理想の二重をつくり、姉と比べられない環境の中で充実した日々を送っていた。しかし、アイプチによる二重ライフは長くは続かない。

アイプチを繰り返した綾香を待っていたのは、鏡を見るのがツラくなるほど赤く腫れたまぶた。

「病院へ行かなくちゃ。でもアイプチを止められて一重の生活に戻るのはヤダ…」どうすることもできずに泣き続けていた綾香を救ったのは、綾香がずっと避け続けてきた姉だった。

姉のような二重になりたい
堺市の大学生・綾香の体験談

自信を取り戻すために整形を決意した
淀屋橋・本町のOL・沙織の体験談

一重のコンプレックスを補うように、メイクやファッション、仕事に恋愛まで、何ごとも全力で頑張ってきた本町OLの沙織。幸せな日々を送っていた沙織だったが、結婚を約束していた彼の裏切りによりプライドをズタズタにされてしまう。がむしゃらに仕事に打ち込む姿に、以前の自信は見られなかった。そんなある日、自信に満ち溢れた表情をした二重女優の広告が彼女の目に入る。

彼との別れで失った自信を取り戻したい
淀屋橋・本町のOL・沙織の体験談

アプリの加工なしで可愛くなりたい
吹田市の大学生・梨花の体験談

吹田市で暮らしている梨花は、SNSの「いいね!」が欲しくてカフェ巡りや自撮りに奮闘しているごく普通の大学生。コンプレックスの一重を誤魔化してくれるカラコンとデカ目加工がやめられない。ある日SNSでずっと憧れていた先輩と遊ぶ約束をとりつけた梨花は、気合を入れたメイクとファッションで待ち合わせ場所に向かった。ウキウキの梨花に憧れの先輩が放ったキツいヒトコトとは…。

加工せずにSNSに写真をあげたい
吹田市在住・梨花の体験談

一重の悩みを彼氏に理解してもらえない
新大阪のOL・亜美の体験談

一重に近い奥二重がコンプレックスでアイプチが欠かせな新大阪のOL・亜美の体験談。彼女には大学時代から交際している恋人がいた。

2人は日頃から仲睦まじいカップル。しかし、メイクの話題になると一変、どうしても喧嘩が絶えない。たとえ近場でも、コンプレックスの一重がバレるすっぴんでは外出できないという亜美。亜美のコンプレックスやメイクにかかる時間を理解できないという彼。これから先もずっと喧嘩が続くのかと憂鬱になっていた亜美は「二重整形」という選択肢を頭に浮かべた。

メイクに時間がかかる毎日にサヨナラ!
新大阪のOL・亜美の体験談

推しのタイプになりたい一心で二重を手に入れた
布施の大学生・千紘の体験談

布施駅近くで一人暮らしをしている大学生・千紘は、K-POPアイドルにどハマり中。両親ゆずりの腫れぼったい一重はコンプレックスだけど、ツケマやカラコン、アイラインで目を大きく見せるのはお手の物。CD購入特典の応募でサイン会の参加券を手に入れ、2か月後推しに会える日を心待ちにしていた。

そんな千紘に届いたのは、「推しのタイプはナチュラルメイク」という悲報…。こんなメイクじゃ会いに行けない!でもすっぴんで一重を晒すのはもっとイヤ!千紘がとった選択とは…?

推し好みのナチュラル二重になりたい
布施駅近くに住む大学生・千紘の体験談

有意義な朝を過ごすためにメイク時間を短縮した
和泉中央のOL・麻美の体験談

毎朝アイメイクに1時間以上かけている和泉中央のOL・麻美の体験談。どちらかと言うと朝は弱いほうだが、コンプレックスを隠すために早起きを続けていた。最近通っているテニスクラブでは朝活のことが話題になっているが、アイメイクに時間がかかる麻美はこの話題にのれそうにない。帰宅してメイクを落としている最中、ふと「いつまでアイメイクのためだけに早起きをするんだろう」という考えがよぎる。将来を考えた麻美の頭に浮かんだのは二重整形だった。

アイメイクで朝の時間をつぶしたくない
和泉中央のOL・麻美の体験談

憧れの二重を確実に叶えるためには

一重や奥二重で悩む女性は、「なりたい二重」のイメージを持っている方が多いもの。「ナチュラルで可愛い二重」「パッチリとした華やかな二重」など雰囲気のイメージや「憧れの芸能人みたいな二重」といった具体的な理想がある人までさまざまです。

「なりたい二重」を確実につくるためには「今の目」に合わせた、最適な二重整形術を選ぶ必要があります。あなたに合った施術法が見つかる、二重整形シミュレーションをぜひチェックしてみてください。

大阪の名医が教えてくれます!
理想を叶える!二重カウンセリング

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.