憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [医師監修]二重整形の方法解説~あなたにピッタリの治療法はどれ?~

[医師監修]二重整形の方法解説~あなたにピッタリの治療法はどれ?~

二重整形はいくつもの種類の施術方法があります。二重整形術はそれぞれ施術内容が異なるため、現在のまぶたの状態に適した治療を選ばなければ理想の二重を手に入れることはできません。ここでは、二重整形術について恵聖会クリニックの鬼頭ドクター監修のもと、解説を行なっています。自分のまぶたにどのような二重整形が最適なのかを確認して、あなたがイメージする最高の二重を手に入れましょう。

埋没法

手軽に受けられる人気の二重整形

上まぶたを糸で留めて二重をつくる埋没法。メスを使用せず10~15分程度で施術が完了するので、手軽に理想の二重になれると人気です。ダウンタイムが短いため、安心して受けられる二重整形といえるでしょう。

埋没法が適しているのはこんな人!

切らずに二重を叶えられる埋没法
について詳しく見る

部分切開法

くっきりとした二重ラインを実現

一部だけを切開して縫い合わせる部分切開法。埋没法は何年か経つとゆるみが気になる人もいますが、部分切開法は時間が経っても、元のまぶたに戻ることがほとんどありません。メスを使用する二重整形の中では、ダウンタイムが短くなっています。 埋没法のように時間の経つと人によってはゆるんでしまうこともなく、

部分切開法が適しているのはこんな人!

ナチュラル二重になれる部分切開法
について詳しく見る

全切開法

まぶたが厚い人に適した二重整形

全切開法は皮膚が厚い人や、皮膚を少し除去しないと二重にならない人におすすめの二重整形術です。ダウンタイムは長めですが、まぶたの腫れぼったさを改善できるメリットがあります。

全切開法が適しているのはこんな人!

憧れのくっきり二重が手に入る全切開法
について詳しく見る

目頭切開法

目と目の距離を理想的な距離に近づけられる

上まぶたの内側から目頭部分にかけて覆いかぶさっている、「蒙古(もうこ)ひだ」を取り除く目頭切開。蒙古ひだを切り取ることで、目元が一回り大きくなった印象を与えることができます。

目頭切開が適しているのはこんな人!

二重手術と組み合わせて目を大きく見せる
目頭切開法について詳しく見る

ROOF切除法

切開法との組み合わせで、さらに理想の目もとになれる

ROOF切除法とは、まぶたの皮膚の浅い部分にある皮下脂肪を除去する施術です。全切開法や眼瞼下垂手術と併用して行なうことで、より理想に近いキレイな二重を手に入れられます。

ROOF切除法が適しているのはこんな人

目元をすっきりさせるROOF切除法
について詳しく見る

眼瞼下垂手術

幅の広い二重を実現

上まぶたにある「目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)」の力が弱まり、垂れ下がってしまったまぶたのたるみを取る手術。まぶたを持ち上げることで、パッチリとした美しい二重ラインをつくることも可能です。なお、眼瞼下垂手術は保険が適用されます。

眼瞼下垂手術が適しているのはこんな人!

ぱっちり目元になれる眼瞼下垂手術
について詳しく見る

注入法

まぶたをふっくらさせて二重ラインをつくる

くぼみ目の人は二重ラインをつくりづらくなっているので、まぶたをふっくらさせる注入法がおすすめです。注入法にはヒアルロン酸やPRP、脂肪注入といった種類があります。

注入法が適しているのはこんな人!

ふっくらまぶたで二重ラインをつくる
注入法について詳しく見る

監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師(美容外科医)

異色の経歴を持つ、大阪の二重整形の名医
国立岐阜大学医学部卒業後、小児科から医師としてのキャリアをスタート。美容外科医のなかでは異色の経歴を持つドクターです。小児科のほか、ICU・婦人科・外科一般での経験から「微細外科手術手技」や「麻酔手技」を磨き上げ、美容外科へ転科。2000年6月、大阪・京橋に恵聖会クリニックを創設し、2005年に心斎橋院も開院しました。適正かつ明瞭な料金設定をはじめ、技術力の向上を欠かさない姿勢、そして万全のアフターフォロー体制から、多くの患者の信頼を得ています。 監修者情報はこちら>
監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師 恵聖会の公式サイトを
詳しく見る
あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重コンプレックスで悩む女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.