憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

ROOF切除法

腫れぼったいまぶたをすっきりさせる「ROOF切除法」。全切開法や眼瞼下垂(がんけんかすい)と組み合わせて手術を行なうことで、ぱっちりとした二重をつくることが可能です。この記事は、恵聖会クリニックの理事長を務める二重整形の名医・鬼頭ドクター監修のもと、ROOF切除法について解説しています。

まぶたをすっきりさせる?ROOF切除法とは

ROOFとはまぶたの皮ふの浅い部分にある皮下脂肪のこと。隔膜前脂肪、後眼輪筋脂肪とも呼ばれていて、厚いと腫れぼったい重いまぶたになります。このROOFを切り取る手術が、ROOF切除法です。

二重のライン、または眉毛の下にあるROOFを取り除くことでまぶたの厚みがなくなり、すっきりしたまぶたに!ROOF切除法は二重整形や上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)の中でも難易度が高く、医師の技術力が仕上がりを大きく左右します。そのため、施術を受けるときは豊富な実績を持つ医師を選択することが大切です。

二重整形でROOF切除法を選ぶメリット・デメリット

ROOF切除法ではメスを使用するため、二重をつくる以外にどのような影響があるのか気になる人は多いでしょう。ここでは、メリット・デメリットについてまとめています。

厚ぼったいまぶたを改善!ROOF切除法のメリットとは

二重のラインがはっきりする

ROOF切除法は皮下脂肪を除去できるので、すっきりしたまぶたを実現。そのため、二重のラインがはっきりするのが魅力です。眼瞼下垂や全切開法と組み合わせることで、さらにはっきりとした二重を手に入れることができます。

脂肪を取り過ぎることがある?ROOF切除法のデメリットとは

老けた印象になることも

皮下脂肪を除去するROOF切除法ですが、取りすぎると左右差や凹みが生じて老けた印象を与えます。そのほか、想定外のラインに二重ができてしまい三重になることも。難易度が高い手術なので、慎重に行なう必要があります。

あなたは合う?合わない?ROOF切除法の向き不向き

二重ラインがキレイに折れるので、涼しげな二重にできるROOF切除法。ただし、どんな手術方法にも向き・不向きがあります。あなたがROOF切除法に向いているのか、チェックしてください。

ROOF切除法に向いている人とは

ROOF切除法に向いていない人とは

ROOO切除法をより効果的に受けるには

まぶたが厚く腫れぼったい方やたるみが目立つ目もとの方は、全切開法や眼瞼下垂手術に併せてROOF切除法を受けることで、よりぱっちりした二重を手に入れられます。二重が薄くなってきたという方も、この施術法でラインをより濃くすることができるでしょう。いまのあなたの目もとにあわせて、最適な二重整形術を選んでみてください。

大阪の名医がWeb上カウンセリング
あなたに最適な二重整形とは?

痛みや腫れは?目頭切開の術前・術後の話

ROOF切除法はメスを使用する手術なので、痛みや術後の腫れが気になるポイント。痛みの程度や腫れ、ダウンタイムを短くするためのアフターケアについて見ていきましょう。

局所麻酔で痛みを軽減

ROOF切除法は全切開法や部分切開、眼瞼下垂と同時に行われることが多い施術です。基本的には局所麻酔が使用されますが、痛みが弱い人には表面麻酔や静脈麻酔が利用されることも。

痛みを感じるのは麻酔の注射を打つ瞬間だけで、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。手術から2~3時間後には麻酔が切れるため、徐々に痛みが出てきます。処方された鎮痛剤を服用することで、痛みを軽減できるようです。

腫れは1週間続く

ROOF切除法は他の二重整形と併用されるため、受けた切開法と同じダウンタイムとなります。人によって異なりますが、手術後に強い腫れが続くのは1週間程度。

しかし腕の悪い医師に当たってしまうと、2週間かかることも。長い休みを取れるタイミングで手術を受けるのがおすすめです。腫れが完全に引いて希望のラインになるまでには、6か月ほどかかるといわれています。

ダウンタイムを短くするためのポイント・アフターケア

ROOF切除法を受けた後は、翌日からシャワーに入ることができます。メイクは施術をした部分以外は、当日からOKです。アイメイクは抜糸をした後からできるようになります。ダウンタイム期間は、アイスパックや冷えたタオルで施術した部分を冷やすようにしましょう。そうすることで、腫れを抑えられます。

失敗しない?ROOF切除法のトラブル&リスク

ROOF切除法はメスを使用するため、多少なりトラブルやリスクは存在します。ここでは、起こりやすいトラブルとリスクについてご紹介。施術を受ける前にリスクを把握して、後悔しないようにしましょう。

元通りに戻すのが困難

ROOF切除法は脂肪を切除するため、一旦切り取ってしまうと元通りに戻すのが困難です。また、間違った見解で手術を行なってしまうと、まぶたの凹みや予定外重瞼、三重などが引き起こされる可能性もあります。

上まぶたが凹みすぎると感じる

ROOF切除法は、厚ぼったいまぶたをすっきりさせるための手術です。皮ふや眼輪筋が薄い人がROOFを切除すると、まぶたが凹む可能性があります。

傷痕が目立つ

ROOF切除に限ったことではありませんが、美容整形手術でよく起こるトラブルです。皮ふを切開して行なう手術は切開時や縫合の技術によって、仕上がりが大きく異なります。そのため技術力のない医師の手術を受けると、傷痕が目立ってしまうのです。

仕上がりに納得できないときは修正できる?

まぶたの脂肪を除去するROOF切除法ですが、仕上がりに納得できない場合は修正することができます。どのような場合に修正を行なえるのか、チェックしましょう。

脂肪を取りすぎた場合

皮ふや眼輪筋(がんりんきん)が薄い人の場合、ROOFを切除し過ぎるとまぶたが凹むケースがあります。その際はヒアルロン酸注入や脂肪注入、脂肪移植といった施術をして、手術前の状態近くまで膨らませることが可能です。

傷痕が目立つ場合

ROOF切除法を受けた後は、切開した傷が凹む・広がる・細かくジグザグになる・色素沈着する・赤く盛り上がるなど、傷痕が目立つケースも。気になる場合は赤く盛り上がったケロイドを平らにするステロイド注射、傷の赤みが消えたタイミングで切開法を行ない縫合するなどして対応できます。

一緒に行なうと効果的な手術法とは?

単体の手術だけではなく、他の二重整形と同時に行なうことでよりキレイな二重ラインを実現できるROOF切除法。セットで行なうとさらに効果を発揮する、二重整形についてまとめています。

全切開法

全切開法とは、メスを使用した施術です。一番の魅力は二重を半永久に持続できること。縫い留めるわけではないため、糸が取れる心配はありません。全切開法だけでもある程度キレイな二重になりますが、ROOF切除法を併用するとまぶたがすっきりして二重のラインがくっきりと現れます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)手術

まぶたが目にかぶさり、眠たげな半開きの目になる眼瞼下垂。まぶたが完全に開いていないので視界が悪くなるではなく、無理に周りを見ようと目に力を入れることによって肩こりや眼精疲労、頭痛を引き起こすことも。眼瞼下垂手術は、不必要な脂肪やたるんだ皮膚を処理します。まぶたのたるみが厚い人はROOF切除法を併せて行なうことで、すっきりしたまぶたを手に入れることが可能です。

いくらかかるの?ROOF切除法の費用相場

ROOF切除法は美容治療のため、保険の適用外となっています。そのためクリニックによって金額はバラバラです。平均相場は20~30万円となっています。二重整形と同時に行なうとセット料金になりリーズナブルな価格になることも。ただし、技術が必要な手術なので、安さよりも技術力で判断することが大切です。

恵聖会クリニックのROOF切除法メニュー
ROOF法(全切開法との併用) 切開法の費用+100,000円
ROOF法(眼瞼下垂との併用) 眼瞼下垂の費用(保険適用)+100,000円

恵聖会クリニックの公式サイトで各施術方法について詳しく見る

恵聖会クリニックの基本情報

心斎橋院
所在地 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
アクセス 地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」徒歩3分
京橋院
所在地 大阪府大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
診療時間 10:00~19:00※完全予約制
アクセス 京阪本線「京橋駅」徒歩1分

監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師(美容外科医)

異色の経歴を持つ、大阪の二重整形の名医
国立岐阜大学医学部卒業後、小児科から医師としてのキャリアをスタート。美容外科医のなかでは異色の経歴を持つドクターです。小児科のほか、ICU・婦人科・外科一般での経験から「微細外科手術手技」や「麻酔手技」を磨き上げ、美容外科へ転科。2000年6月、大阪・京橋に恵聖会クリニックを創設し、2005年に心斎橋院も開院しました。適正かつ明瞭な料金設定をはじめ、技術力の向上を欠かさない姿勢、そして万全のアフターフォロー体制から、多くの患者の信頼を得ています。 監修者情報はこちら>
監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師 恵聖会の公式サイトを
詳しく見る
あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重コンプレックスで悩む女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.