憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.75 結婚式前に二重整形をしてもいい?
  

vol.75 結婚式前に二重整形をしてもいい?

「一生に一度しかない結婚式は、ぱっちり二重でのぞみたい!」と思っている人も多いはず。でも、二重整形にはダウンタイムがあるため「結婚式前に二重整形をしても良いの?」と悩む人もいるでしょう。

こちらでは結婚式前の二重整形について大特集!結婚式前に二重整形するのはアリなのか、結婚式の定番・スライドショーの乗り切り方などを紹介します!

結婚式前に二重整形するのはアリ?

女性に一生に一度の晴れ舞台である結婚式は、たくさんの人に囲まれてお姫様になれる特別な日です。だからこそ、「ぱっちり二重で、とびきりキレイな花嫁でいたい!」と思うことでしょう。もちろん、アイプチなどで簡単に二重を作ることはできますが、結婚式は長時間のイベントで涙する場面もあるため、「式中にアイプチが取れたらどうしよう…」という不安が付きまといます。

そのため、結婚式をきっかけに二重整形をする女性は意外にも多いです。一重に戻ってしまう不安を抱えながら結婚式を行うよりも、結婚式を心から楽しめるように二重整形をした方が良いかもしれません。

いつまでに二重整形したら結婚式に間に合う?

二重埋没法はメスを使わない施術方法のため、腫れや内出血などのダウンタイムが少ない治療法といわれています。具体的なダウンタイムには個人差がありますが、腫れや内出血は3日~5日程度が一般的です。

ただし、実際には皮膚を糸で結んでいるため、1か月程度はまぶたがむくみやすい状態になっています。そのため、結婚式1週間前に治療を行うと、大きな腫れはないものの、まぶたがむくんでいる可能性があり、撮影の1か月前には治療を受けておくのがベストです。

結婚式のスライドショー…どうすべき?

気にしない!

二重整形をしていても、結婚式では気にせずスライドショーを流す人が多いんだとか。整形を行う前はアイプチで二重を作っていたという人は、子供の顔と大人になってからの顔は変わりやすいため、「顔が違う」と思われることはほとんどありません。そのため、二重整形をしたことを気にせず、スライドショーを行っても問題ないでしょう。

笑っていて目もとが分かりにくい写真を使う

二重整形をしていても、笑った時には目が細くなって二重幅が薄くなります。そのため、スライドショーで使う写真も、笑っていて目元が分かりにくいものをセレクトするのが良いでしょう。

2人の軌跡のように、さまざまな場所でのデートの様子を流すのがポイント。幸せそうな笑顔の写真はスライドショーにもぴったりなので、見ている人も違和感を抱きにくいのです。

自力で加工するor業者で加工してもらう

どうしても二重整形がバレたくない人は、写真を自力で加工したり業者に依頼する方法もあります。写真の修整や加工はデジタル処理が可能なため、パソコンやスマホのアプリを使って自分でも加工できますし、業者に頼む場合はインターネットで簡単に申し込むことができるでしょう。昔のフィルム写真は自分で加工するのが難しいですが、業者ならスキャナを使って自然な二重に処理してもらえます。

大阪で二重整形を受ける前に読んでほしい。
あなたのなりたい二重は?

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.