憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.46 目が小さい…涙袋もない。どうしたらいいの?

vol.46 目が小さい…涙袋もない。どうしたらいいの?

目元の写真

Q. 一重・奥二重で涙袋もなくて困ってます…。

一重まぶたで涙袋もなく、目が小さく見えてしまいます。ぷっくりした涙袋でもあれば、かわいらしい印象になるのでしょうが、涙袋メイクもうまくいきません。私が涙袋メイクすると、なぜかクマができたように見えてしまいます。

何とか目を大きく見せたいし、ぷっくりとした涙袋をさりげなく作りたいです。目をぱっちり大きく見せるメイクや二重になる方法など、いろいろ教えてください。

A. 涙袋と下まぶたのメイクで目を大きく見せよう

涙袋やぱっちりした目元は明るくかわいらしい印象を与えてくれる条件として、アイメイクでも多くの人がチャレンジしています。

そもそも涙袋というのは下まぶたに沿って膨らんだ部分で、目が大きく見えて若々しい印象を与えます。涙袋はある人とない人がいて、目の周りの筋肉や目の下にある皮膚の厚さなどが関係しています。なくてもクールな印象や大人っぽくて魅力的な人はたくさんいますが、かわいらしい印象を作りたいなら、下まぶたのメイクを工夫して涙袋を作ってみましょう。

目の縦幅を意識する

一重まぶたや奥二重の人は、主に縦幅を気にしてあげるとアイメイクがきれいにできます。上まぶたのメイクを頑張っても、ぱっちり二重まぶたの人が頑張った時と同じようには仕上がりません。それならば、下まぶたに縦幅を出すことで、目を大きく見せることを目指しましょう。

下まぶたの縦幅を強調することで、目が大きく見えるだけでなく、頬の下の広さが目立たせずに小顔効果も期待できます。

下まぶたのメイク手順

下まぶたに涙袋を作るアイメイクの基本は、目の際からにまぶたに沿って肌色よりもワントーン明るいカラーを乗せます。さらにその外側に濃い色を乗せることがポイントです。汗で流れないように、汗に強いものを選ぶようにしましょう。明るさを出すハイライトにはラメやパールを選ぶときれいに見えます。

目頭から瞳のラインまでは明るいラメ入りのシャドウを選び、目尻側には明るめのブラウンを使うと立体感が増します。また、目尻には濃いアイシャドウを入れるとたれ目にすることも可能です。

もっとぱっちりとした目元になりたい女子には二重整形がおすすめ

一重まぶたや奥二重の人は、ぱっちり二重や涙袋がぷっくりしたかわいらしい目元に憧れることが多いもの。アイメイクでもぱっちりかわいい目元を作ることはできますが、もっと自然な目元になりたいのであれば、二重整形も視野に入れてはいかがでしょうか。二重整形にもいろいろな方法がありますし、涙袋についても相談に乗ってもらえるので、気になる人はまずは問い合わせてみると良いでしょう。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.