憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.68 不自然な仕上がりになる可能性とは?
  

vol.68 不自然な仕上がりになる可能性とは?

Q. 整形したあと不自然に仕上がることはないのですか?

目つきが悪いと注意されることが多く、芸能人のようなパッチリとした二重に憧れます。二重整形を考えていますが、不自然に仕上がるのではないかと心配です。不自然で違和感のある目元になる可能性はあるのでしょうか?

A. 不自然にならないためには、二重整形を受ける病院選びが重要

不自然な二重にならないようにするためには、二重整形を受ける病院選びが重要です。二重整形といってもさまざまな施術法があり、技術によっても仕上がりが大きく異なります。また、希望する目の形が、必ずしもその人の目元や顔のバランスと合うとは限りません。

自然で自分に合った目元を手に入れるためには、事前のカウンセリングで希望を伝えることが大切です。理想の二重を手に入れるためにも、信頼できる病院や医師を見つけましょう。

細かなデザイン力を求める場合は切開法がおすすめ

二重整形の施術は、糸で縫い止めて二重ラインを作る「埋没法」と、切開して二重のラインを作る「切開法」の2つに分かれます。どちらも、医師との入念な打ち合わせにより、不自然にならないように二重を作ることができますが、より細かなデザインを求める場合には、切開法がおすすめです。

切開法では、二重のラインを作ると同時に、腫れぼったい一重の原因になっている皮膚や脂肪の量を調整することができます。そのため比較的二重のラインが作りやすい方法です。

芸能人やモデルに多い幅広で平行型の二重にしたい場合は、目頭切開なども必要になるケースがあります。希望する形によって最適な方法は変わるため、形に合った施術方法を選びましょう

ダウンタイム中は不自然に感じやすい

二重整形の施術を受けた直後は、二重になった目元が不自然に感じる方も少なくありません。これはダウンタイムだから感じられるもので、二重の形が安定するともに不自然さもなくなります。ダウンタイム中は腫れや赤みなどが出るほか、自分の新しい目の形に見慣れないため、必要以上に不自然に感じてしまいがちです。

特に切開法の場合はダウンタイムの期間が長く、安定した二重になるまでには数か月かかります。ダウンタイム中は二重の形が変化していくのが自然なことなので、あまりナーバスになりすぎないように過ごすことを心がけましょう。

不自然な目元にならないために二重整形の病院選びはしっかりと

不自然な目元にならないようにするためには、二重整形の病院選びをしっかりと行うことが重要です。自分の目の形や顔のバランスをあらかじめ医師と相談し、自然でキレイな目元を手に入れましょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.