憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

ハーフ風ぱっちり二重 – 平行×幅広タイプ

平行×幅広タイプは一重や奥二重の女性に限らず、もともと二重の女性も憧れる二重ライン。日本人女性ではあまり見られないパッチリとした目元が周りの視線を惹きつけます。大阪・恵聖会クリニックの医師監修のもと、目の形やまぶたに合わせて選ぶ平行×幅広タイプの二重整形術をご紹介しているので、参考にしてみてください。

平行×幅広タイプの二重の魅力とは

遠くから見ても二重ラインがくっきりと見える平行×幅広タイプの二重は、外国人やハーフのように目が大きく見えるのが魅力です。アイラインをオーバーに引いたり、つけまつげを重ねたりしなくても華やかな顔つきになります。

また、日本人で生まれつき平行×幅広タイプという女性が非常に少なく、アイプチやアイテープ、メザイクでつくるのも難しいのがポイントです。平行×幅広タイプの二重の人は、人口が多い一重、奥二重の人よりも顔を覚えてもらいやすい傾向があります。

平行×幅広タイプになれる二重整形術とは

平行×幅広タイプになるには、今のまぶたの状態や目の形、蒙古襞(もうこひだ)の有無を確認したうえで二重整形術を選ぶ必要があります。自分のまぶたに合わない二重整形術を受けると、整形だと分かる不自然な目になる、パッチリ目とは程遠い眠そうな目になるなどのリスクが生じるため、慎重に手術方法を検討しましょう。

恵聖会クリニックの理事長を務める鬼頭先生の監修を受け、現状のまぶたに合わせて選ぶ「平行×幅広タイプになれる二重整形術」をまとめました。

監修ドクター 恵聖会クリニック 鬼頭恵司 先生

美容外科だけではなく、形成外科一般、婦人科、小児科、ICUに携わってきた経験のある医師です。大学病院と市民病院で研さんを積んだのち、2000年から自身が理事長と院長を務める「恵聖会クリニック」を設立しました。現在は、麻酔や微細外科手術などの専門的な知識と技術を活かした美容整形を提供しています。

全切開法

まぶたを切開して、くっきりとした平行×幅広タイプの二重ラインをつくる手術です。目頭から目尻にかけて、好きな幅、好きな角度の二重ラインを実現できます。蒙古襞(もうこひだ)がしっかりしている人は、目頭と目尻の二重ラインを自然に繋げるために目頭切開法の併用が必要です。医師に相談しながら二重ラインや併用する施術を決めて、自然な平行×幅広タイプの二重を手に入れましょう。

恵聖会クリニックの「全切開法」の料金情報

全切開法
(両目)
250,000円

目頭切開法

目頭切開法は、蒙古襞が発達している日本人向けの二重整形術です。末広×幅広タイプの二重の人は、自然な平行×幅広タイプの二重になれる可能性大。奥二重の人は、脱脂法やROOF法を併用しましょう。一重の人は埋没法や全切開法を併用することで、平行×幅広タイプの二重をゲットできます。

恵聖会クリニックの「目頭切開法」の料金情報

目頭切開 150,000円

公式サイトで各施術方法について
詳しく見る

監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師(美容外科医)

異色の経歴を持つ、大阪の二重整形の名医
国立岐阜大学医学部卒業後、小児科から医師としてのキャリアをスタート。美容外科医のなかでは異色の経歴を持つドクターです。小児科のほか、ICU・婦人科・外科一般での経験から「微細外科手術手技」や「麻酔手技」を磨き上げ、美容外科へ転科。2000年6月、大阪・京橋に恵聖会クリニックを創設し、2005年に心斎橋院も開院しました。適正かつ明瞭な料金設定をはじめ、技術力の向上を欠かさない姿勢、そして万全のアフターフォロー体制から、多くの患者の信頼を得ています。 監修者情報はこちら>
監修ドクター恵聖会クリニック鬼頭恵司医師 恵聖会の公式サイトを
詳しく見る
あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.