憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
  

vol.25 寝起きがブスすぎて辛い

寝起きは顔がむくみやすいため、いつもと顔が違うように感じる人も多いはず。お泊まりするときにスッピンを見られたくないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?ここでは寝起きを可愛くするためのちょっとしたポイントをまとめています。

Q.寝起きがブスで、彼氏に見せられません

私は普段は奥二重なのですが、アイメイクで二重っぽく見られています。ただ、むくんでしまうと寝起きは一重になってしまうのです…。飲み会や焼き肉の後などはとてもひどく、パンパンでむくみを取らないとまるで別人のよう。

こんな悩みもあって、彼氏とのお泊まりをどうするか悩んでいます。今まで旅行とかお泊まりを断ってきて、最近は気まずい雰囲気に…。寝起きのブスすぎる顔をどうにかできないでしょうか?

A.むくみを防いで、かわいさをキープ

むくみの原因は、生活習慣と密接に関わっています。不規則な生活習慣や味が濃い食事で代謝が低下すれば、体に老廃物が溜まって余分な水分を排出できない恐れも。そこで、むくみを防ぐためにできることについてみていきましょう。

塩分を控える

飲み会の後にむくみが出るという人、意外と多いのではないでしょうか。アルコールを分解するためには水分が必要となり、体内は水分不足になってしまいがち。すると足りない水を補おうとして、むくみが出ることにつながります。さらにお酒と一緒に食べるおつまみの影響も大きいでしょう。

おつまみは、お酒が進むように塩分が強めなものが多いです。むくみを防ぐには、味が濃いものを避けて塩分を排出する作用があるカリウムを摂取するよう心がけるといいでしょう。具体的にはキュウリなどがおすすめです。

水分を取りすぎない

健康な状態の人は、水を飲んでもそれほどむくむことはありません。しかし、普段から水分不足な人や肝臓が弱っている人の場合、むくみが出やすくなることがあります。

水分は摂取方法がとても大切です。大量の水を一気に飲むとむくみやすくなるため、水を飲むときは味わうようにゆっくりと飲みましょう。また、食後2~3時間は胃が活発で水分が吸収されやすい状態。胃液が薄まって消化しにくくなることもあるため、水分は控えめにするといいですね。

うつ伏せ厳禁

むくみを防ぐためには、寝方を見直すことも大切。うつ伏せで寝ると、下半身の水分が体全体に移動して顔の正面にも移動します。すると顔にも水分が溜まりむくみに原因につながってしまいます。寝るときにはうつ伏せは避けるといいでしょう。

また、寝る前のエクササイズもむくみ対策におすすめ。まずタオルを両手に持ってから、そのまま腕を上げて息を吸いながらバンザイをします。そのまま3秒キープしてください。腕を下げてこれを15回目安に繰りかえしましょう。背中やお腹を伸縮させることで、体をしっかりリラックスさせることができます。

寝る前には副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整えるようにすることも大切。もともと女性はホルモン周期や睡眠不足の影響を受けやすく、さらに皮膚が薄いまぶたはむくみが目立ちやすいパーツ。まずは生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。

寝起きブスから卒業するなら二重整形という方法もあり

寝起きの顔も可愛らしくありたい……。そんな女性は多いはず。まずは生活習慣を見直してみて、食生活もチェックしてみましょう。寝方も重要なので、寝起き対策として寝る前から気をつけてみるといいですね。

もしなかなか寝起きブスから卒業できない、寝起きで一重になってしまって悲しいという場合、二重整形という方法もあります。もちろん寝方なども大切なので、今回のポイントを参考にしながら検討してみましょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.