憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.16 目が小さくてしょぼい

Q.目が小さくておしゃれも諦めてしまう…
目を大きく見せる方法はない?

私はとにかく小さい目がコンプレックスです!この見た目のせいで「私が着飾ってもなあ…」と思ってしまい、おしゃれもできません。お店でかわいい服を見ても、すぐに棚に戻してしまいます。どうしてこんな目なのでしょうか…?

周りの友達は目がくりくりしていて、お洒落な洋服がすごく似合っていて…正直とっても羨ましいです。私も目を大きくしておしゃれを楽しみたい!どうにかして目を大きくできませんか?

A.二重にするアイテム&まぶたのたるみをとるマッサージがベスト

目が小さいと感じてしまう原因はいくつかあります。自分の目が小さい原因を見つけ出し、それぞれに合った対処法を用いて、目を大きく見せましょう。目元がくっきりすれば、今まで着られなかったかわいい服やおしゃれなメイクを楽しめるかもしれません!

小粒目の原因1:一重さん

二重だと目を開いたとき、皮膚が折りたたまれ目の奥に入り込みます。一方、一重さんは目を開いてもまぶたがそのまま。皮膚が入り込まない分、目が見える範囲が小さくなってしまい「目が小さい」という印象を持たれてしまいます。たかが数ミリの差で印象が変わってしまうのです。

アイプチ・アイテープの力を借りよう

アイプチやアイテープを使って二重にすればまぶたの皮膚を目の奥にしまうことができ、目を大きく見せられます。薬局やスーパーにも売っているので、手軽に二重を手に入れられるのがうれしいポイント。アイプチ・テープがない場合は、絆創膏でも代用できますよ。

アイプチで二重をつくるならここをチェック!

アイテープで二重をつくるならここをチェック!

しかし、アイプチ・テープを使いすぎるとまぶたがのびる・かぶれることもあるので、使いすぎにはご用心。毎日使うのは避け、適度に休息を与えましょう。

小粒目の原因2:まぶたのむくみ・脂肪

まぶたが腫れぼったい女子はこちら。まぶたが重いと目の幅が小さくなるため、目が小さい印象を持たれてしまいます。

目が腫れぼったくなるのは、まぶたのむくみ・脂肪が原因。疲れが取れにくい体質・顔に脂肪がつきやすい体質で目が小さく見えているのかもしれません。

マッサージでまぶたの重みを解決!

マッサージをすることで、目元にたまっていた水分や脂肪を流し、まぶたをすっきりさせることができます。まぶたが軽くなれば目の縦幅が大きくなり、目が小さいという印象を薄められるでしょう。

マッサージは、乳液をまぶた・涙袋に塗り込み、眉下の骨の内側を親指でプッシュするだけ。目の下の骨辺りを、顔の中心から外側へ押し出すと顔全体のむくみも抑えられます。

しかし間違ったマッサージをしてしまうと逆効果に。先輩たちの失敗談を参考に、どうやったら効果的なのかをチェックしてみてください。

失敗談から正しいマッサージ方法を学ぶ!

まぶたの重さでアイプチができない・マッサージしても改善しない場合は二重整形もアリ!

一重でまぶたが腫れぼったい、まぶた自体がたるんでマッサージが効かない場合は、二重整形がおすすめ。アイプチやアイテープなどの一日だけのアイテムと違って、お医者さんが長続きする二重を丁寧につくってくれるので、毎日の手間がかかりません。

マッサージで改善されなかったまぶたの重みも、まぶたの脂肪をとるROOF切除法ですっきり。夢にみていたぱっちり二重を手に入れることができます。

ROOF切除法について二重整形の名医・鬼頭ドクター監修の解説をチェック!
あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.