憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.62 二重整形をして後悔したことは?
  

vol.62 二重整形をして後悔したことは?

Q. 二重整形をしたあとで後悔したことって何?

昔からパッチリとした二重に憧れていて、今度思い切って二重整形を受けることを決めました。二重整形をしようと思っていますが、「失敗した!」と思うようなことはあるのでしょうか。あとから後悔することがあるのか、どうすれば良いのかが知りたいです。

A. ダウンタイムで不安になる人多数!

二重整形をしたことを後悔するのは、施術したあとが一番多いとされています。しかし、整形すればすぐに、キレイな二重になるわけではありません。施術直後はダウンタイムと呼ばれ、まぶたが腫れたり赤くなったりします。なかにはダウンタイム中のまぶたの様子を見て、施術を受けたことを後悔するという人もいるようです。ダウンタイムが過ぎればキレイな二重になりますので、安心してください。

ダウンタイム中はナーバスになり過ぎないことがポイント

二重整形を受けるときに多くの人が緊張します。不安な気持ちで施術を受けたあとに、赤く腫れているまぶたを見ることでショックを受けてしまう人も少なくありません。ダウンタイムに現れる症状は人それぞれですが、症状がまったく出ないという人はいません。ダウンタイムが過ぎればキレイな二重になるため、あまりナーバスになり過ぎないことがポイントです。

ダウンタイム中にありがちな不安は?

二重整形の施術を受けた人に聞くと、ダウンタイム中にはさまざまな不安を感じたという意見が大半です。左右対称でない、まぶたがぷっくりと腫れているといった症状は誰にでも起きえます。ダウンタイムが過ぎれば症状は落ち着いてくるため、時間の経過を静かに待つようにしましょう。

二重整形には元に戻せる施術法があります

二重整形を受けたいけれど、失敗して後悔してしまうのではないか?という思いが強く、施術をためらってしまうという場合は、元に戻せる施術を受けるというのもひとつの手です。

埋没法という施術は、切開を伴わず万が一施術後のまぶたの状態に不満がある場合でも、やり直しができる場合があります。埋没法では、まぶたを切開せずに、髪の毛よりも細い特殊な糸で、まぶたの皮膚をまぶたの裏側から何か所か縫い止め、二重のラインを作ります。

糸を取れば元のまぶたに戻るため、施術を受けたことを万が一後悔するようなことがあっても、元に戻せるのが大きな特徴です。施術への不安が強い場合には、病院で医師に埋没法を希望する旨を相談してみましょう。

まとめ

二重整形を受けた直後のダウンタイム中には、施術を後悔する人が少なくありません。その際に感じた悩みは、ほとんどがダウンタイムで現れる自然な症状によるものです。ダウンタイム中はあまりナーバスになりすぎないようにしましょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.