憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.59 二重整形の施術方法によって術後の経過は変わるの?
  

vol.59 二重整形の施術方法によって術後の経過は変わるの?

Q. 二重整形は選ぶ施術法によって術後の経過が異なるって本当ですか?

目つき原因で性格がきつそうに見えると言われて悩んでいます。二重整形を受けるつもりですが、整形のやり方によって腫れ方が術後の経過が異なると聞いたのですが本当でしょうか。仕事をしているため長期間休むこともできず、すぐに腫れが治まりやすいものが知りたいです。

A. 二重整形は選ぶ施術法によって術後の経過が異なります。

二重整形の施術法は大きくわけて埋没法と、切開法の2種類があります。施術後に現れる症状や、症状が治まるまでの期間は、方法によってそれぞれです。どのような経過になるのか、違いを知っておくと施術法も選びやすく、術後の不安も減らせます。

埋没法の経過の症状やダウンタイムの長さ

埋没法は髪の毛よりも細い特殊な糸で縫い止めて二重ラインを作る方法です。メスを一切使用しないため腫れが少なく、ダウンタイムも比較的短いことから人気があります。腫れは数日から1週間程度で治まるのが一般的で、1か月程度もあれば自然に馴染みます。少し内出血が見られるケースもありますが、ほとんどの場合はメイクで隠すことができるでしょう。

切開法の経過の症状やダウンタイムの長さ

メスで切開して、余分な皮膚や脂肪を取り去ることで二重を作り出すのが切開法です。施術後の経過次第では、腫れと内出血があることも。まぶたを切開しているため、腫れや内出血の程度は埋没法よりも強めです。

施術後の翌日~数日は最も腫れが目立つ時期ですが、その後は時間とともに治まります。1~2週間程度で腫れは目立ちにくくなり、2~3か月後であれば傷跡も目立たなくなります。

施術方法と持続性の関係は?

特殊な糸を使う埋没法は、何年か経過すると緩みが原因で二重のラインが取れてしまうことがあります。そのため緩んだり切れたりした場合には、施術をし直すことが必要です。

皮膚を切って二重ラインを作る切開法は、一度施術すると半永久的に二重ラインは取れません。切開法の場合、一度作った二重のラインはやり直しできないケースがほとんどです。施術する病院やクリニックは信頼できるところを選ぶことをおすすめします。

納得のいく目元を手に入れるには施術前に十分確認を

二重整形は選ぶ施術方法によって、術後に現れる症状やダウンタイムの長さなどの経過が異なります。施術法によってその後の二重ラインの持続性も異なるため、施術前にはきちんと確認して、納得のいく方法を選ぶことが大切です。

二重整形が受けられる病院やクリニックでは、施術前にカウンセリングが受けられるところがほとんど。あらかじめカウンセリングを利用して不安を取り除いておきましょう。

カウンセリングで最適な施術方法を選ぼう

二重整形をはじめて受ける場合は、施術後に合わらわれる症状や期間などの経過が気になるものです。その際は事前のカウンセリングで内容を確認しておくと安心です。医師に十分相談をして、納得のいく施術法で理想的な二重を手に入れましょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.