憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
  

vol.31 幅の広い二重に憧れる

Q.海外の人みたいな幅広二重になるには?

海外の人特有の二重が羨ましくて仕方ないです。ぼってりとした一重より幅の広いぱっちり二重のほうがキレイだと思いませんか?

メイクしなくても目が大きく見えるし、つけまつげしやすいし何よりメイク映えする。文句なしのビューティーアイです。「一重の私でもなれるんじゃないか」と思ってアイプチを使ったりメイクでごまかしたりして幅広二重をつくるんですけど、やっぱりホンモノには勝てません。どうしても違和感があるんです。やっぱり生まれ持ったものと作り物は違うのかな…。

それでも、普通の二重よりも幅広の二重に憧れます。幅の広いぱっちりの二重になって、目を大きく見せたい。「目元がきれい」って言われる女の子になりたいです。幅広の二重になれる方法は何かありませんか?

A.2つのМで二重の幅を広げる

二重幅の広い自然な目元を目指すなら「メザイク」と「マッサージ」がおすすめ。お金を掛けずに自宅で出来る二重テクニックなので、今日から始められます。どちらも並行して長期的に続けることで、理想の目元に近づけるでしょう。

メザイク

幅広二重をつくるなら、接着剤のついたファイバー(細い糸)をまぶたに食い込ませるメザイクが簡単です。広い二重幅でおすすめの二重幅は3.5mm~4mm。慣れるまではあらかじめ、アイライナーやアイシャドウで目立たない印を付けて、ファイバーをそこに食い込ませるよう意識しましょう。

【メザイクを上手にやる3つのポイント】

メザイクはアイテープと似ていますが、アイテープはテカったり瞬きの度にテープが見えてしまったりします。その点メザイクは、横に伸びる特性がありまぶたに食い込ませやすいのが魅力。理想の二重幅に調整しやすく、面積が小さいのでアイシャドウでしっかり隠せます。コツをつかめれば簡単に理想の二重幅を作れるので、何度も続けてコツを掴みましょう。

マッサージ

入浴中はマッサージで幅広二重をつくるチャンス。目元が温まり皮膚が柔らかくなっているので、マッサージの効果が出やすくなります。おすすめのマッサージは蒙古ひだマッサージ。目頭に覆いかぶさり、目を小さく見せる蒙古ひだの張りとむくみをマッサージで改善します。続けるとひだが小さくなり、ぱっちり二重ラインに近づけるんだとか。またクマが薄くなり、目元周りがスッキリした印象になるそうです。

【蒙古ひだマッサージの方法】

目元のマッサージはまぶたのむくみ改善にもなります。まぶたがむくんでいると、皮膚が分厚くなり二重をキープしにくい状態に。そうなるといくらメザイクで幅の広い二重を作っても、一重に戻ってしまいます。こまめなマッサージで「二重になりやすい目元づくり」を心がけましょう。

理想を思い浮かべるか、すぐにカタチにするか

毎日のマッサージやメイク前のひと手間で、理想とする幅広な二重に近づけます。毎日理想の目元を思い浮かべて、コツコツ努力を積み重ねいきましょう。ちょっと面倒だなあと思う方には、二重整形という方法もあります。あなたの理想がカタチになり、二重作りにかけていた時間を「メイクを楽しむ時間」に変えてくれるかもしれませんよ。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.