憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » エリア別 人生が180度変わった -大阪女子の二重整形物語 - » お人形さん風のパッチリ二重になりたい -難波の学生・理沙の二重整形物語 -

お人形さん風のパッチリ二重になりたい -難波の学生・理沙の二重整形物語 –

「まいやんみたいな、お人形さんレベルの二重になってやる!」理沙の体験談

彼とデートして、推しのアイドルを見て…幸せな1日になるはずだった

難波にある高校を卒業して、晴れて大学生になる理沙は春休みを満喫していた。今日は彼氏とのデート。アメ村でショッピングを楽しみ、彼に可愛いシュシュを買ってもらった。ご機嫌な理沙は、帰りに予約していた乃木坂のライブDVDを受け取って、彼を自宅に招く。

乃木坂ファンでまいやん(白石麻衣)推しの2人。まいやんの可愛さに「キュン死にする!」と騒いだり、卒業するななみん(橋本奈々未)に涙したり、わいわい楽しく過ごしていたとき、事件は起きた。「おまえ、まいやんと顔がぜんぜん似てないよなあ。一重だし(笑)」

彼の一言に傷ついた理沙は二重整形を受けることを決める

彼氏の一言に、理沙は怒った。普段は彼と一緒に「まいやん可愛い」と騒いでいても、比較されるのは気に入らない。それに、一重は昔からのコンプレックスだった。「くやしい!」「まいやんみたいな完璧女子にはなれないけど、せめてお人形さんレベルの二重になってやる!

串カツ屋でバイトしていた理沙は、いつか乃木坂のライブに行くためにしっかりと貯金していた。二重整形を受けることを決意して、翌日には早速クリニックを受診したのである。

なりたかったのはお人形さんみたいな目。「なんでこうなってしまったの…?」

「お人形さんみたいな、ぱっちり平行二重にしてください」「幅はできるだけ広めがいいです」と、強く希望する理沙にクリニックが勧めたのは切開法だった。ダウンタイムが少し気になったものの、「春休みだから大丈夫。むしろ今のうち」と言われて納得した理沙。予算はオーバーしたが、勢いのまま切開法を受けてしまう。

仕上がったのは、眠たそうな、不自然な目。「これじゃあ、まいやんには程遠い。何が悪かったの?」と嘆く彼女。ちょっと険悪な雰囲気になったあの日から、彼氏と会っていない。整形を受けたことも、思ったような仕上がりではないことも、話せていない…。「何て説明したらいいんだろう…」スマホのロック画像に映るまいやんを見るたび、理沙は後悔が募って、泣きそうな顔をしている。

理沙の二重整形がうまくいかなかった要因は?

自分の目に合う、最適な二重整形術を選ばなかったこと

お人形のようなぱっちり二重になりたい、と思うがあまり二重の幅を無理やり広げてしまった理沙。目の骨格やもとの形を考えずに、彼女のなりたいイメージだけで手術を行なったため、目の開きが悪くなり、不自然な仕上がりになってしまったのです。

彼女の希望を叶える場合は、「不自然な二重にならないように、目頭切開法や眼瞼下垂手術を組み合わせる」のが最適でした。なりたい目と今の目に合わせた二重整形術を提案してくれるクリニックを選んでいれば、このようなトラブルは起きなかったでしょう。

大阪の名医が教えてくれます!
私にピッタリの二重はどれ?二重整形シミュレーション

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重コンプレックスで悩む女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.