憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
  

vol.23 一重は写真写りが悪い

Q. 一重でまぶたが厚いので写真で撮られるのが苦手です。

もともと厚くて重めの一重まぶたで、写真うつりがよくないのが悩みです。写真を撮られるのが苦手で、できれば避けたいですが、友達と遊ぶ時や記念撮影など避けられないこともあります。

どうしても写真に入らなければいけない時、不細工に見えないようにしたいです。ぜいたくを言えば、写真をもっと好きになりたいです…。一重まぶたでも、かわいく写真を撮ることはできるのでしょうか?

A. 自撮りテクを極めましょう。

自分に自信がないと写真が苦手になることが多いようですね。一重まぶたの人が写真にかわいく撮れないのは、写真慣れしていないからかも知れません。でもかわいい写真を撮りたいなら、写真から逃げないで技を研究することが大切です。

自撮りなら一人で練習や研究ができますし、何度でもやり直せます。まずは写真に慣れて、自分がかわいく見える角度を研究しましょう。

基本の撮影方法

誰でも共通する写真の撮り方のポイントは、あごは引いて、目を少し開き気味にすることです。眉を上げないように、目を開いて撮影します。口元は笑いすぎず、少し微笑む感じがおすすめです。

一重さんにおすすめの撮影方法

一重の人は、上目遣いをするとアイメイクがまぶたに隠れてまつげが陰になるため、きつい印象になることがあります。そのため一重の人は撮影の際に少し上向きに顔を上げて、目つきの悪さを緩和させることおすすめです。目力はあった方がいいですが、やりすぎると顔がきつくなります。

最初はきれいに撮れないかもしれませんが、まず現状を把握することも大切です。かわいく撮れる角度や目の力の入れ具合などを変えて、最高の瞬間を探しましょう。かわいく見えるポイントがつかめたら、あとは臆さずにトライあるのみです。

写真うつりは練習で可愛くできる

写真うつりが悪くて悩んでいる人は、写真に慣れることから始めると良いでしょう。一重まぶたの人も、「写真が苦手」とあきらめるのではなく、自分がもっともかわいく見えるポイントを探すことで写真を楽しめます。自撮りで練習と研究を積んで、写真うつりを自分で改善しましょう。

それでも自分の顔に自信がなくて、写真が嫌いな人は、二重整形を検討するのも一つの方法です。二重整形なら、いつでもナチュラルな二重でいられるため、いままで避けていた写真撮影も自信を持って映ることができるでしょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.