憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.61 二重整形のモニターのメリットとデメリットは?
  

vol.61 二重整形のモニターのメリットとデメリットは?

Q. 二重整形のモニターって何をするの?

二重整形を受けたいと思っているのですが、施術を受けるのに金銭的な余裕がありません。モニターになると、割り引きが受けられると聞いたのですが、実際にどのようなことをするのでしょうか?

A. 二重整形モニターはその病院での施術の結果を画像で紹介するお仕事です。

モニターは二重整形前の写真と、二重整形の施術を受けた写真を公開し、どのような変化があるかを証明します。病院によっては、二重整形の前後だけでなく、施術後に経過写真の撮影を行うケースもあります。

二重整形の場合、目元だけの写真でOKというところもあれば、顔全体の写真が必要になるところもあり、どのような写真を撮るかは病院によって異なります。

モニター応募には申し込み条件をチェックしよう

二重整形のモニターは、誰でもできるというわけではありません。病院によってモニターができる条件が異なりますが、20歳以上であること、これまでに一度も美容整形を受けたことがないということ、顔出しの写真や動画撮影ができること、写真撮影のための通院ができることなどが条件にあげられることが多くあります。応募する前には、必ずモニターの条件をチェックしておくことをおすすめします。

二重整形のモニターのメリットは?

二重整形のモニターを検討している場合は、メリットやデメリットを知っておく必要があります。ここではモニターをするメリットをご紹介します。

割引や無償など施術代が優遇されます

モニターになった場合は、その病院の宣伝としてさまざまな媒体で画像が使用されます。モデル代が支払われることはありませんが、その分施術にかかる費用が割引になるというのが一般的です。

自身の記録が確認できます

写真や画像が残ることは、病院の宣伝になるというだけでなく、モニターとして施術を受けた人が自分の記録を客観的に見ることにも役立ちます。しっかりと分かりやすい記録が残るため、記念になるという人も少なくありません。

二重整形モニターのデメリットは?

大きなメリットのあるモニターですが、デメリットがないわけではありません。モニターのデメリットも確認しておきましょう。

二重整形をしたことが周囲にバレる可能性も

施術の前後で写真が動画など画像を記録として残し、病院は宣伝用に使用します。周囲の人が画像を目にしたときに、二重整形を受けたことがその人にバレてしまう可能性があります。

撮影のために通院が必要

施術後の写真撮影の頻度は病院によって異なりますが、病院のなかには、ダウンタイムの記録を取るために施術後1週間は毎日通院しなければならないところもあります。モニターに応募する際には、事前に通院の回数を確認しておくと安心です。

まとめ

二重整形のモニター制度を利用すれば、割引価格や場合によっては無料で二重整形が受けられます。ただし、写真は広告に使用されることもあり周囲に二重整形をしたことがばれてしまう可能性も。二重整形のモニターには、条件やメリットとデメリットをよく理解から応募することをおすすめします。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.