憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
当サイトの監修クリニック情報はこちら>
  

vol.78 奥二重で写真うつりが悪い

奥二重

Q.奥二重なのに写真だと一重にしか見えない…
写真うつりを良くする方法はない?

私は奥二重なんですが、写真だと一重にしか見えないのが悩みです! 鏡で見るとちゃんと奥二重だし、調子の良い日だと二重みたいに見えるのに……。家族や友達にも「写真うつり悪いね」って言われるし、この目のせいで友達と一緒に写真にうつるのにも抵抗があります。

なんとかパッチリした目でかわいく写真に写る方法はないでしょうか?

同じ悩みを持つ人の声

A.角度や表情の工夫やまぶたのセルフケアでカバー

そもそも奥二重というのは、まぶたの二重ラインよりも上の皮膚が、二重ラインの下の皮膚に重なってしまっている状態を指します。つまり、本当は二重なのに、まぶたの皮膚が二重ラインを隠してしまっている訳です。

ということは、二重ラインが隠れないように写真にうつれば、一重に見えてしまうのを防ぐことができるはず。写真にうつる時の角度や表情を工夫したり、まぶたの皮膚をケアしたりして、二重ラインを目立たせたりしてみましょう。

写真うつりが悪い原因1:角度と表情

角度と表情

まず、鏡と写真で見え方が違う原因のひとつとして、見えている角度が違うということが考えられます。二重ラインを隠している皮膚は上から被さっているので、当然、下から見上げた方が二重ラインは見えやすいはずです。

また、目をぱっちり見せようと大きく開くことで、二重ラインを皮膚の中に押し上げて隠してしまっているということも考えられます。

とはいえ、半目や眠そうな表情で写ってしまうのも避けたいですよね。鏡や自撮りで、自分の目がかわいく見える角度と表情を探してみるといいでしょう。

写真うつりが悪い原因2:まぶたのたるみ・むくみ

たるみケア

二重ラインを隠している皮膚の厚みによっては、どんな角度からも一重にしか見えない場合があります。寝不足や水分の摂りすぎでまぶたの皮膚がたるんだり、むくんだりしていると、写真うつりも悪くなってしまいます。

生活習慣の改善や目の周りの血行を改善するマッサージ、皮膚を引き締めるクリームなどでまぶたの皮膚をケアし、二重ラインより上の皮膚をすっきりさせるようにしましょう。

セルフケアでカバーしきれない場合は二重整形も視野に入れて

奥二重で写真うつりを良くするためには、奥二重の構造を理解し、二重ラインをしっかり見せられるようにすることが重要です。とはいえ、元々の皮膚の厚さや二重幅の広さ、加齢による皮膚のたるみなど、セルフケアだけでは解消できない問題があることも事実。

どうしてもパッチリした二重になりたい、これまでやってきた方法ではカバーしきれなくなってきた…という人は、信頼できるクリニックで二重整形について相談してみるもいいいでしょう。

当サイトの監修クリニック情報はこちら>

大阪で二重整形を受ける前に読んでほしい。
あなたのなりたい二重は?

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.