憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.13 オルチャンメイクで厚化粧になる

vol.13 オルチャンメイクで厚化粧になる

Q.一重でも可愛くなれるオルチャンメイクはどうやれば良い?

長年連れ添った一重まぶた。私はこの目が好きではなく、今までアイプチやメザイクで誤魔化してきました。でもうまく行かない日は時間がかかるし、時間が経つと外れちゃうし…。二重にしなくても可愛くなれるメイク方法がないか探す日々でした。

そんな私の目に飛び込んできたのはK-POPアイドルの可愛い子たち。一重でもキュートな彼女たちを見て、「一重でも可愛くなれるんだ!」と感激しました。さっそく韓国アイドルのオルチャンメイクを真似してみるものの、ただただ厚化粧になってしまうだけ…。二重にしなくても可愛くなれるオルチャンメイクをうまくするにはどうしたら良いのでしょうか?

A.オルチャンメイクのコツはアイライン・涙袋・眉

「目元をはっきりさせたい!」と思っている一重女子の救世主であるオルチャンメイク。一重でも惹きつけられる目元を作り出してくれるメイク方法です。でもコツを知っていないとケバくなってしまい、うまく可愛く仕上がりません。悩める一重女子のためにオルチャンメイクを成功させるためのコツを3つご紹介します。

アイラインを長く・太く・「くの字」に引く

オルチャンメイクの特徴といえる横長な目元をつくりあげるためは、アイラインを実際の目よりも長めに、目尻部分を「くの字」に引くのがポイントです。一重女子は目を開けた時に、どう見えるかを考えながら太く引くとGOOD!

太く引いたアイラインは、アイシャドウでぼかすと柔らかな印象になります。「濃くていやだ!」という方は、目じりの「くの字」だけでもOK。

目の下にハイライトを入れて涙袋をつくる

オルチャンメイクに必須な涙袋。目を大きく見せるだけでなく、顔全体における目の割合を大きく見せることで小顔効果にもつながります。

涙袋は、目の下にハイライトとして白いアイシャドウをのせるだけでOK。ラメの入ったハイライトカラーを使用すれば、うるうるした瞳を演出できます。

ハイライトだけではぷっくりしないという方は、ハイライトの下に涙袋の影を入れると◎。全体的に影を入れるよりも、一番影ができそうな部分にシャドウをおいて、目尻・目頭に向けてぼかすと自然な立体感がでます。

少し太めで平行な眉をつくる

目の印象を左右する眉。オルチャンメイクでは、少し太目の平行眉にすることでアイラインとのバランスをとって、優しい印象にしていきます。

平行眉をつくるのはたったの3ステップ。

眉をつくる時に注意したいのは、「太過ぎないこと」と「まっすぐな眉にすること」。眉が太過ぎると野暮ったい印象が出てしまい、眉が上がってしまうことでキツイ印象が出てしまいます。

厚化粧になりたくない場合は、二重整形がおすすめ

一重でも可愛くなれるオルチャンメイクですが、憧れのアイドルに近づくためにはかなりの厚化粧になってしまうかもしれません。「可愛くはなりたいけど、厚化粧はしたくない」という方は、二重整形がおすすめ。厚化粧をすることなく、自然なオルチャンメイクが楽しめます。

クリニックでは自分のなりたい顔や、現在の目元からぴったりの二重を提案してくれるので、一重のメイクで悩んでいる方は一度相談してみると良いでしょう。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.