憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
  

vol.35 爪で二重のラインを作りたい

Q. 二重ラインの癖付けを爪でしていれば二重になる?

一重まぶたから二重まぶたになりたいです。できたらお金をかけずに二重を作りたいと思っています。アイプチや絆創膏で癖をつけると二重まぶたになれるという話を聞いたことがありますが、癖をつけるなら爪でもできますか?

それならお金もかからないし、毎日続けやすそうです。でも爪なんてちょっと痛そうだし、本当に大丈夫なのか不安もあります。爪で二重のラインを癖付けするよい方法があったら教えてください。

A. できないことはないけどおすすめはしません

爪で毎日まぶたに癖付けをしていたところ、二重まぶたになったという声もあるようですね。でも、もともと薄い皮膚のまぶたに爪で刺激を与えることはあまり推奨できません。爪を使うと目を傷つける可能性や目に雑菌が入りやすくなります。

とはいえ、爪を使って癖をつけて二重になった人がいるため、どんな方法だったか気になるもの。おすすめはしませんが、一応お伝えしておきます。試すのであれば自己責任のうえで行ってください。

爪で二重のラインを作るってどういうこと?

まずは上まぶたに二重を作りたいラインを決めましょう。ラインを決めたらその上を軽く爪でなぞります。何度も繰り返してなぞることで癖がつきやすくなります。加えて目だけ上を見るようにして、まぶたの癖を定着させます。そのまま上を向いた状態で、まばたきするとさらに定着しやすくなるそうです。

その際は爪に力をいれずに軽くなぞりましょう。また、まぶたに異常を感じたらすぐにやめてください。

アイプチ用のプッシャーを使用する

爪で二重のラインを作る方法は、確実ではなく目に負荷をかけるリスクもあります。より安心できる方法を試したいなら、アイプチ用のプッシャーを使うこともおすすめです。こちらも確実に二重にする方法ではありませんが、もともと折り目をつける道具なので、鋭い爪よりはまぶたを傷つけにくいでしょう。

ゼロ円で二重を作るのは難しい

爪で二重まぶた方法は確実な方法ではなくリスクもあるので、もし試すのであれば自己責任で行いましょう。もし癖付けで二重になりたいなら、少なくともアイプチ用プッシャーのような専用器具を使うことがおすすめです。

ただし、アイプチ用プッシャーも確実な方法ではないので、より二重になりたいなら二重整形も視野に入れてみてはいかがでしょうか。お金はかかりますが、自分の理想の目元に近づけられるでしょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.