憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.8 一重は遺伝だから抗えない

Q.両親が一重まぶただと子どもも一重になる?

両親がともに一重で、子どもの私も一重…。パッチリ二重の友人のご両親は二重だそうなので、やっぱりまぶたは遺伝するんでしょうか。生まれる前から一重になると決まっていたのなら、自分の運命を呪いたくなります。

反抗期の頃は特に自分の目が嫌でたまらなくて、二重の親から生まれたかった…と両親に八つ当たりしてしまったことも。いつか生まれてくる私の子どもに同じ思いをさせたくないので、無意識に二重の男性ばかりを好きになってしまいます。

A.遺伝の法則で一重になることがほとんど

まぶたは両親から遺伝する確率が高いといわれています。中学や高校の授業で「優性の法則」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?遺伝学の基礎を築いたとされるオーストリアの生物学者グレゴール・ヨハン・メンデルが発見した、遺伝子には2種類のタイプがあるというものです。

親の性質が現れやすい「優性」と現れにくい「劣性」があり、どちらの性質もある場合は優性の性質が優先されるとのこと。まぶたの遺伝についても、優性と劣性の遺伝子による組み合わせや掛け合わせが関係していると考えられています。

二重まぶた・一重まぶたの遺伝子の組み合わせとは

優性の法則によると、優性遺伝子はA、劣性遺伝子はaに置き換えられます。つまり、まぶたの場合だと二重まぶたが「A」、一重まぶたは「a」になるのです。遺伝子は基本的に「AA」や「Aa」「aa」のように2つ1セットで並び、優性の遺伝子が優先されるのが特徴。つまり、優性の遺伝子である二重まぶたのほうが遺伝しやすいことになります。

 両親のどちらも「AA」の遺伝子を持っている場合は子どもも二重になり、「aa」の遺伝子を持つ両親から生まれた子どもは優性の遺伝子がないため、一重になります。両親ともに「Aa」の場合は子どもの遺伝子は「AA」「Aa」「aa」の組み合わせが考えられ、優性の二重まぶたが優先されますが一重になる可能性もあり。

遺伝子とは別に生活圏の気温も影響するという説もあり、寒い地域は一重まぶたに、暑い地域の人は二重まぶたになる傾向にあるといわれています。

 親からもらえなかった二重は自分で手に入れよう

両親が一重だから自分も一重になる運命だったんだ、と憧れの二重になるのを諦めていませんか?生まれつき一重の女子でも、二重になれる道はまだ残っています。お手軽派ならアイプチ、効果重視のこだわり派には二重整形が◎。特に自然な二重、外国人風の幅広二重などなりたい目元がハッキリしている方は、美容整形のプロが理想の目に近づけてくれる二重整形がおすすめです。

二重整形なら効果がしっかり持続するので、アイプチのように忙しい朝に時間をとられる必要はありません。また、アイプチがうまく使えずにキレイに仕上がらない不器用さんや肌トラブルが心配な敏感肌女子にもGOOD。

生まれ持った遺伝子は自分の力で変えることはできません。けれど、自分の選択ひとつで変えられるものもあるのだと、コンプレックスに悩む毎日がつらくなったときはぜひ思い出してくださいね。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.