憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.69 二重整形の施術が怖い時の対処法
  

vol.69 二重整形の施術が怖い時の対処法

Q. 二重整形を受けたいのですが痛みが心配で麻酔も怖いです。

普段はアイプチを使っていますが、最近皮膚が伸びてきてしまったように感じるので、思い切って二重整形をしようかと考えています。でも、二重整形の痛みが心配で、麻酔も怖いです。麻酔の注射はどのくらい痛いのでしょうか。怖い気持ちの乗り越え方が知りたいです。

A. 麻酔が怖い人は、麻酔注射の受け方をカウンセリングで確認しておくと安心です。

二重整形を受ける人で、施術の痛みや麻酔が怖いという人は少なくありません。特に初めて手術を受けるという方であれば不安になるものです。しかし二重整形の施術では麻酔が必ず必要になります。なぜなら、受ける人の痛みを和らげるというだけでなく、安全に施術を行うためでもあります。

麻酔のやり方は病院によってさまざまです。そのため二重整形の施術を受ける前のカウンセリングで、どのように行うのか確認しておくことをおすすめします。

二重整形を行っている病院では、事前にカウンセリングを行うことで、内容の説明や希望する方法の確認ができます。もし痛みや麻酔が怖い人は、カウンセリングの際に麻酔のやり方などをしっかりと確認しておきましょう。不安や怖い気持ちが大きいことを伝えておくことで、麻酔のやり方などを工夫してもらえるケースもあります。

施術中は麻酔が効いているため痛みが心配な人でも安心して受けられます

二重整形で行われる麻酔は、まぶたの裏側に極細の注射を打つ方法が一般的です。この方法は注射を打つ瞬間だけチクリとした痛みがある程度なので、人によっては痛みをあまり感じることがないでしょう。施術中は麻酔が効いているため、痛みに弱い人や怖い人でも、安心して施術を受けられます。

なかには麻酔の注射を打つ前に、塗るタイプの麻酔を塗布し、注射の痛み自体を抑えてくれる病院もあります。麻酔の注射が怖いという人は、施術前に麻酔のやり方についても確認しておくと良いでしょう。

施術が不安な人ほどリラックスしよう

不安な気持ちが強い人は、緊張のあまりまぶたを触れられているだけでも痛みがあるように感じてしまうケースもあります。特に初めての場合は、怖いと感じることが多いかもしれません。しかし施術が不安な人や痛みに弱い人ほど、リラックスして施術を受けることをおすすめします。

また、まぶたに余計な力を入れて閉じてしまうと、腫れや内出血が強く出る傾向があります。そのためまぶたには力を入れず、できるだけ力を抜くことがポイントです。

麻酔や施術が怖い人でも内容を把握しておくと安心して二重整形が受けられます

初めて二重整形をするという方には、麻酔や施術が怖いという人も少なくありません。麻酔や施術が怖い人でも、事前のカウンセリングでしっかりと内容を理解しておくと、怖い気持ちが減り、安心して施術が受けられるでしょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.