憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.28 逆さまつげの原因(一重・奥二重)
  

vol.28 逆さまつげの原因(一重・奥二重)

Q. 一重の逆さまつげを解消する方法が知りたいです

一重まぶたで逆さまつげなのが以前から気になっています。違和感があって不快ですし、治したいとは思っているものの、整形は怖いしお金もかかるため何となく躊躇しています。

まつげは抜けやすい毛ですが、抜けたからといって生え方が変わるわけではないと聞きました。これからもずっと逆さまつげのままでいるのも何だかつらいです。一重まぶたの人が逆さまつげを治したい場合、いい方法があれば教えてください。

A. 逆さまつげはアイプチ、まつげパーマ、二重整形をすると解消されます。

逆さまつげを解消する方法としては、手軽な順にアイプチ、まつげパーマ、二重整形があります。それぞれメリットもデメリットもあるため、自分に合った方法を慎重に選ぶといいでしょう。

逆さまつげとは

逆さまつげは、まつげが目の方に向かって生えている状態です。通常なら目の外側に向かっているまつげの先が直接目に触れて刺激を与えてしまい、ひどくなると視力低下を引き起こす可能性もあります。

逆さまつげの原因としては、まぶたが内向きになっているケースやまつげの生え方が内向きになっているケースなどがあります。赤ちゃんの逆さまつげは自然に治ることもありますが、治らない場合には早めの処置が重要になるでしょう。

まつげパーマで逆さまつげを解消する方法

まつげパーマは、まつげにパーマをすることでまつげを外側に向けて一定期間固定する方法。まつげ自体の形を変えることにより、逆さまつげの解消にもつながります。ただし、パーマは永続的に維持できるわけではなく、約1カ月程度と一時的なものです。そのため、定期的な施術が必要になりその分お金もかかる方法といえるでしょう。

アイプチで逆さまつげを解消する方法

アイプチは、液体をまぶたに塗り、二重を形成することができる化粧品の一種。アイプチを使うことで、まつげの生え際を外に向けることができます。見た目もパッチリ二重にでき、逆さまつげ対策にもなる方法です。アイプチはまつげパーマと比較するとコストがかからず、自宅でできるのもポイント。ただしアイプチも継続的にお金がかかるものであり、長期間使用しているとまぶたの負担にもつながります。

二重整形で逆さまつげを解消する方法

二重整形は、まぶたを切開して縫合手術するなどし、人工的に二重を形成する方法です。逆さまつげは眼球角膜の損傷などを引き起こすケースもあり、二重整形で症状が改善されることにもなるため保険適用が認められています。

二重整形により、内向きになっていたまつげの生え際を外に向けられます。逆さまつげを解消するしくみはアイプチと似ていますが、二重整形であれば自分で行うことは特に何もなく、いつも自然な状態でいられます。長期的に見れば、お金もまぶたへの負担もほかの方法より抑えられる可能性があるでしょう。

逆さまつげがつらいなら早めに対処を

逆さまつげは痛みや視力へのリスクがあるため、早めに改善することをおすすめします。まつげパーマやアイプチなども対処法になりますが、あくまでも一時的な効果に過ぎません。長く逆さまつげから解放されるには、二重整形も検討しましょう。

手術への抵抗がある人もいるかもしれませんが、治療として行うのであれば保険が適用できる場合があります。金額や方法が気になる人は、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.