憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.11 アイプチのし過ぎでまぶたがかぶれた

Q.アイプチでかぶれたけど手放せない!
ベストな対策はある?

毎日のメイクに欠かせないアイプチですが、今までは何ともなかったのにまぶたの乾燥やかゆみが気になるように…。我慢できずにこすっていたら、まぶたがかぶれて赤く腫れてしまいました。アイプチをやめるべきだと頭ではわかっているものの、周囲や憧れの彼に実は一重だったとバレるのが怖いです。

病院に行ったらお医者さんに絶対アイプチを止められると思うと…なかなか足を運ぶ気になれず。アイメイクでかぶれを隠していたら、症状がどんどん悪化してきているような気がします。どうすればいいのでしょうか。

A.アイプチでかぶれたらワセリンで対処しましょう

アイプチで目がかぶれる原因とは

1.アイプチの成分

アイプチの接着成分には「ゴムラテックス」や「アクリル系接着剤」「ポリ系接着成分」が使われており、なかでもゴムラテックスやアクリル系接着剤によるアレルギー反応でかゆみや腫れを引き起こしてしまう方もいます。絆創膏や衣服の刺激でかゆみを感じやすい方やアトピー症状が出やすい方は、日常的なアイプチの使用はおすすめしません。

2.デリケートなまぶたの皮ふ

まぶたの皮ふは頬あたりに比べて3分の1程度の厚みしかありません。そのため、非常にデリケートな部位です。薄いまぶたに日常的にアイプチを使用することで、皮ふ呼吸が十分にできずに接触性皮膚炎(かぶれ)といった肌リスクがアップ。かぶれたままでアイプチやアイメイクを繰り返すと症状がさらに悪化して、強い炎症を引き起こしてしまいます。

アイプチでかぶれたときの対処法

アイプチでまぶたが乾燥してカサカサする、少しかゆみがあるという初期症状のときは乳液やアイクリーム、ワセリンで保湿すると改善することがあります。ただし、ひどいかゆみやただれ、赤い腫れなどの症状がでたときはアイプチの使用をやめて皮ふ科を受診しましょう。

このときに化粧品やワセリンを使用するとさらに症状が悪化してしまうので要注意。目が開けづらい、目が染みる、充血するなど、まぶただけではなく眼に炎症が広がってしまったときは眼科への相談が◎。

医療機関を受診すると医師にアイプチの使用を止められるから…とためらう方もいるかもしれません。けれど、無理に使用を続けてしまうと皮ふが硬くなったりガサガサしたりとアイプチどころかアイメイクも楽しめなくなってしまいます。そのため、症状が改善するまでは一時的にアイプチの使用は控えるのがベストな選択です。

肌トラブルが気になるけど二重になりたい…。
そんな人は二重整形がおすすめ

手軽さから一度使用するとなかなか手放せないアイプチは、二重になりたい一重女子のマストアイテム的な存在です。けれど長期的に使用するとかゆみやかぶれ、腫れなどの肌トラブルを起こす可能性があります。

それ以外にもまぶたをのりで接着して引っ張り続けることで、皮ふが伸びてたるんでしまうケースもあり。アトピー肌や敏感肌の方は日常的な使用を避けるのがベターですが、本当は一重だったと周囲にバレたくない方もいるはず。

肌トラブルのリスクを承知でアイプチを使用し続けるよりも、1度の手術で二重になれる二重整形を受けるのも1つの手です。腫れにくい二重手術を行っているクリニックを選べば周囲バレしにくいため、アイプチからの乗り換えとして二重整形を検討してみてはいかがでしょうか。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.