憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » Vol.49 奥二重の定義って?どこからが二重?
  

Vol.49 奥二重の定義って?どこからが二重?

奥二重の目元の写真

Q. 自分の目が奥二重なのか、末広二重なのか分かりません…。

この間、友人が「自分は奥二重だと思っていたけれど、調べてみたら末広二重だったことが分かったんだよね!」と嬉しそうに話をしてくれました。正直、私から見ると奥二重に見えてしまい、どういったところが違うのかが分からず・・・。

「目頭のあたりは一重っぽくて、目尻にかけてラインがあるのが奥二重」と聞いたことがあるのですが、奥二重も目頭から二重ライン入っていますよね・・・? 奥二重と末広二重の違いを教えてほしいです。

A. 二重は大きく3つのタイプに分かれる

一言で「二重」と言っても、奥二重・末広二重・平行二重の3つのタイプに分けることができます。それぞれの特徴を確認していきましょう。

二重幅が狭い奥二重

二重のラインが狭く、まぶたのたるみによって二重ラインが皮膚の下に隠れてしまう奥二重。二重ラインが見え隠れするため、一重だと思ってしまう方も少なくありません。

一重と二重のどちらの要素も兼ね備えた奥二重は、可愛らしい印象にも大人っぽい印象に。化粧映えする顔で、メイクの仕方によってガラッと雰囲気を変えられるのも特徴です。

日本人に多い末広二重

末広二重は、目尻に向かうにつれて二重の幅が少しずつ広くなっている目元のことを指します。日本人は末広二重の目元の人が多く、凸凹が少ない日本人の顔立ちに馴染みやすい形です。

目元は丸みを帯びているため、若くて可愛らしく見られるのも特徴の一つ。目頭の二重幅は狭いので、目が大きいというより自然体ですっきりとした印象の目元といえるでしょう。

蒙古襞がない平行二重

目尻につれて二重幅が徐々に広がる末広二重とは違い、目頭から目尻にかけて二重幅が変わらないのが平行二重です。また、平行二重には上まぶたが目頭を覆いかぶさっている皮膚のヒダ、蒙古襞(もうこひだ)がありません。これは奥二重と末広二重との大きな違いといえるでしょう。

また、二重幅の広さによっても印象が変わるのも特徴です。二重幅が狭い人は上品で大人っぽい雰囲気で、広い人はハーフのような顔立ちがはっきりとした印象に見られます。

理想の二重を目指そう

一重と二重のどちらの面もある奥二重ですが、やはりパッチリとした目元に憧れてしまうものです。二重整形では、末広二重・平行二重など希望の形になるように何度もカウンセリングで形について検討できます。思い描いていた目元に近づくことができれば、すっぴんにも自信が持てますから、ぜひ信頼できる美容クリニック探しをしてみてください。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.