憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.67 整形だとバレたくない!二重整形の跡って残るの?
  

vol.67 整形だとバレたくない!二重整形の跡って残るの?

Q.二重整形って跡が残りますか?

一重に悩んでいて学生のうちに二重整形をしようか悩んでいます。しかし、二重整形の跡が残らないか不安です。跡が残って整形がバレちゃうことってありますか?

A.跡が目立ちにくい施術方法もあります

二重整形の跡が気になるという人は、まぶたを切らない埋没法が最適です。施術にメスを使わないため、翌日からメイクもできます。気になる方はまぶたの形によって埋没法が適切かどうか異なるため、病院と相談したうえで決めましょう。

傷跡が目立たない施術方法

メスを使わない埋没法であれば二重整形の跡も目立ちません。しかし厚めのまぶたや形状によっては、埋没法が適していないケースもあります。埋没法以外にも傷跡が目立たない施術方法はあるのでしょうか。

ビーズ法

メスは使いたくないが、通常の埋没法では戻ってしまうという人には、ビーズ法という選択肢もあります。ビーズ法とは、ビーズを縫い付けることで二重の癖をつけて、後から抜糸する整形方法です。最終的には糸とビーズを取り除くため、跡も残らず美しい二重ラインを作ることができます。ただし、術後の2週間程度は腫れが強くなりやすいことがあります。

切開法

切開法はまぶたが分厚い人でも二重にしやすく、二重の幅や形を比較的自由に選ぶことができる施術方法です。余分な皮膚や脂肪も取り除くことができるため目をパッチリさせたい人にもピッタリです。一般的に跡が目立ちやすい切開法であっても、切開箇所や医師の技術によって跡が目立たなくすることも可能です。

後から修正も可能

二重整形の手術跡は、術後1~2カ月が最も目立ちやすくなります。通常であれば徐々に目立ちにくくなるでしょう。しかし、半年以上たっても目立つという場合は、修正手術も選択肢に入れることもがんが得ましょう。

修正手術では、傷跡や色素沈着した部分を切除して傷跡を細く修正します。その際は医師との意思統一が重要です。症例を確認しながら、修正後のイメージを共有することで理想の目元に近づけます。

二重整形の注意点

二重整形は一時的に腫れや出血などの症状が出ることがあります。心配な場合は、長期休暇などのときに行うとスムーズでしょう。一時的にメイクできないことあるので、術後はメガネやサングラスの利用もおすすめです。

まとめ

二重整形は一般的な手術となり、多くの病院で行われるようになりました。しかし、医師のテクニックや症例数、アフターケアなどは病院ごとに違います。術後の跡などが気になる場合は、あらかじめ医師に相談しておくと安心です。症例なども確認してから病院を選ぶようにしましょう。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.