憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.41 バンドエイドはアイプチとしても使える?

vol.41 バンドエイドはアイプチとしても使える?

アイプチする女性

Q. アイプチだとメイクがしにくいからバンドエイド(絆創膏)で二重まぶたを作りたい

一重まぶたなので、アイプチを使って二重にしています。でも、アイプチを使うとメイクがしにくく、仕上がりが不自然なので、バンドエイド(絆創膏)で二重にする方法をやってみたいです。

バンドエイド(絆創膏)をアイプチの代わりに二重にするコツなどを教えてください。試してみましたが、まだうまくいきません。まぶたが腫れぼったいので、バンドエイド(絆創膏)では二重は作れないのでしょうか?

A. バンドエイド(絆創膏)でアイプチするなら商品選びと貼り方が重要

アイプチの代わりにバンドエイド(絆創膏)を使う方法をやっている人は多いようですね。安くて手軽に手に入るバンドエイド(絆創膏)アイプチは、とても便利です。また、もともと肌に貼るものなので安心感もあります。

バンドエイド(絆創膏)アイプチは、コツを覚えてしまえば意外と簡単です。細く切ったバンドエイド(絆創膏)をまぶたの上に貼るだけで、失敗しても安価なので気楽にできます。バンドエイド(絆創膏)アイプチを覚えてきれいな二重を作りましょう。

バンドエイド(絆創膏)をうまく貼るコツ

細くバンドエイド(絆創膏)を切って、シートをはがしたら両端を引っ張って二重の幅に合わせて貼ります。まぶたに押し付け、食い込ませるようにするとうまくいきやすいです。二重幅は前もって決めておきますが、プッシャーを外しても一時的に二重が残る部分が癖のつきやすいポイントです。

二重が作りにくい人は、バンドエイド(絆創膏)を太めにするのがおすすめです。失敗しにくく初心者向きでもあります。貼り付けの際にはあらかじめ肌を清潔にしておきましょう。

バンドエイド(絆創膏)選びのポイント

アイプチにバンドエイド(絆創膏)を使う際には、伸縮性と持続性の高いものを選ぶことがおすすめです。バンドエイド(絆創膏)アイプチでは、まぶたに貼る時に細く切ったバンドエイド(絆創膏)を引っ張りながら貼るため、伸びやすい方が使いやすくなります。また、長く貼っておきたいので、粘着力と持続力も大切です。

メイクで目立たなくなりますが、より一層目立たせないために透明のものを選んでも良いでしょう。こちらはアイメイクをしない日などにもおすすめです。

コツをつかめばバンドエイド(絆創膏)のアイプチで簡単に二重は作れる

バンドエイド(絆創膏)を使って二重を作るのは、コツさえつかめれば意外とうまくできるものです。価格も安く簡単に手に入るので、気になった方は試してみましょう。

とはいえ、バンドエイド(絆創膏)で二重を作る方法は、アイプチ同様に手間がかかり、場合によっては気づかれるリスクもあります。そのため、周りにわからないようにきれいな二重でいたいのであれば、二重整形を検討してみてはいかがでしょうか?二重整形であれば、一度施術を受ければ自然な二重でいられます。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.