憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » エリア別 人生が180度変わった -大阪女子の二重整形物語 - » ちょっとそこまでメイクで出かけられるようにになりたい– 新大阪のOL・亜美の二重整形物語 –

ちょっとそこまでメイクで出かけられるようにになりたい– 新大阪のOL・亜美の二重整形物語 –

「メイクに時間がかかりすぎる毎日からサヨナラしたい」亜美の体験談

結婚を約束している彼との仲にヒビが入ったアイプチ事件

東淀川区から新大阪駅近くのオフィスに通勤している亜美。大学時代から交際している恋人と同棲しており「30歳になるまでには結婚したいね」と彼とは話し合っている。幸せな日々を過ごしていた亜美だったが、金曜日の夜に彼との仲にヒビが入る事件が起きた。

二人で夕飯を済ませた後、日頃の疲れを癒してもらおうとお風呂に入る彼に「コンビニでビールを買ってくるね」と声をかけた亜美。嬉しそうにバスルームへと消えていく彼を微笑ましく思いながらも、すっぴんでは外に出られないとアイプチをはじめる。亜美の右目は二重だが、左目だけ一重に近い奥二重なのが幼少期からのコンプレックスだった。高校生になってからアイプチをはじめ、今では徒歩3分のコンビニに行くのにも欠かせない。けれど、困ったことに最近はまぶたのコンディションによってはうまくラインがつかないときもある。

今日もうまくラインが決まらずにアイプチと格闘していると、背後から「まだでかけてなかったの?」と彼の驚く声が聞こえてきた。彼がお風呂に入っている間にビールを買っておこうと思っていたのに、いつのまにか時間が経ってしまっていたのだ。

友人の二重整形カミングアウトに亜美の迷いが消える

すぐそこのコンビニに行くのにもメイクが欠かせない亜美を理解できないと機嫌を損ねる彼。亜美も自分のコンプレックスを彼が理解してくれないことに腹を立ててケンカになってしまった。翌日は淀川河川公園西中島へピクニックデートに行って夜はメルパルクホールで亜美が楽しみにしていたミュージカルを観に行く予定だったのに、結局どこにも行かないまま週末が過ぎる。

月曜日の夜に彼が駅マルシェ新大阪で亜美の好きな鯛やきパイを買ってきてくれて仲直りはできたが、これから先も同じケンカが続きそうな気がして憂うつになる亜美。

次の週末に大学時代からの友人とひなたの湯に出かけて温泉に浸かりながらケンカの経緯を話したところ、友人から返ってきたのは「じゃあ、整形しちゃえば?」という言葉だった。自分が二重だからって軽く言わないで欲しいと思った亜美に、友人は「私の目も整形だよ」と驚きの言葉を告げる。

大学入学を機に二重整形を受けたという友人の目をじっと見るが、とても整形だとは思えない。聞けば、同じサークル仲間にも整形を受けた子が何人もいるという。友人のカミングアウトは、これまで「二重整形」という選択肢を浮かべては迷っていた亜美の背中を押してくれるきっかけになった。

片方の目に合わせた末広×幅狭のナチュラル二重を手に入れた亜美

友人からの紹介でクリニックのカウンセリングを受けに行った亜美。医師からは片方の二重まぶたに合わせた末広×幅狭の埋没法を勧められる。また、一重に近い奥二重のまぶたはお肉でぽってりしているため、せっかくの二重ラインがすぐに取れてしまわないように脱脂法も一緒に行なったほうがいいという。丁寧な説明を受けながらも、まだ迷っている亜美に「プチ整形とはいっても、自分の顔を変えることに抵抗を持つのは当たり前のことなのでゆっくり考えてください」と医師は優しく声をかけてくれた。

その日は施術を受けずに帰宅した亜美はメイクを落としながら、鏡の中の自分と向き合う。バランスの悪い左右の目を見るたびに、いつもコンプレックスを刺激されてきた。本当は亜美だって、ちょっとそこまでのおでかけに何十分もかけてメイクをしたくない。これから先もずっとコンプレックスと向き合い続けるぐらいなら…と二重整形を決意する。

彼が二週間の東京出張が決まったのを機に、施術を受けることにした亜美。施術は思っていたよりもあっという間で、痛みもほとんどなかった。クリニックからの帰り、毎年初詣で参拝している崇禅寺の前を通ったときに「パッチリ二重になれますように」と神頼みしていたことをふと思い出した。本当にお願いするべきは神様じゃなくてクリニックだったんだ、と思った亜美のスマホに彼からメッセージが届く。彼が帰ってきたら、ナチュラルメイクで一緒にコンビニへビールを買いに行こう。彼の帰りを待ちわびながら、亜美は晴れやかな気持ちで自宅へと向かった。

亜美の整形が上手くいった要因は?

まぶたに合った二重整形を施術してもらえたこと

左右でバランスの悪いまぶたに悩んでいた亜美の二重整形がうまくいったポイントは「まぶたに合った施術を受けたこと」。亜美の受けた埋没法はメスを入れずに二重になれるのがメリットですが、まぶたによってはすぐに取れてしまう可能性があります。特にぽってりとした厚みのあるまぶたは埋没法には向いていないため、切開法もしくは脱脂法と一緒に受けるのが◎。医師にしっかりとまぶたの状態や目の形を診てもらい、ぴったりの施術を提案してもらうのが理想の二重になれる近道です。

左右でバランスの違うまぶたの場合、アイプチで片方に合わせたラインを作るのはなかなか上手くいかないもの。美容整形のプロならバランス良く仕上げてくれるので、友人や口コミを参考にしながら技術力のある医師にお願いするのも二重整形を成功させるポイントです。アイプチのせいでメイクに時間がかかりすぎると悩んでいる方は、時短テクとして二重整形を検討してみてはいかがでしょうか。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重コンプレックスで悩む女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.