憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.43 アイシャドウが目立たないのはなんで?

vol.43 アイシャドウが目立たないのはなんで?

メイクする女性

Q. 奥二重のせいなのか、アイシャドウをしてもぜんぜん目立たず、下手に濃くするとヘンになります…。

奥二重なのですが、いつもアイシャドウがうまくいきません。薄くすると全く目立たず、すっぴんのように見られますし、濃くすると腫れぼったいようなおかしな感じになります。奥二重なので、まぶたがそんなに重々しいわけではないのですが、やはり、目元を華やかにしたい、パッチリした目に見せたいです。

どんなところに気を付けてアイシャドウをしたらよいか、アドバイスをください。

A.奥二重のアイシャドウは色選びに注意して。

奥二重は、アイシャドウの色や質感によって目が大きく見えたり腫れぼったく見えたりすることがあります。目が大きく見える色を選んで、さらに塗る部分ごとに色を変えてあげる工夫も大切です。二重幅を十分に生かして、素敵なアイメイクを楽しんでみましょう。

マットな質感&オレンジがおすすめ

奥二重の人は、パッチリ二重の人よりもまぶたがぽってりしています。そのため、ピンクなどの温かい色やパールやラメなどの入ったアイシャドウは腫れぼったく見えてしまうことがあるのです。

奥二重の人がまぶたをすっきり見せるには、マットな質感のブラウン系が好相性です。ただし、濃すぎるブラウンカラーで二重幅全部を塗りつぶしてしまうと、二重幅が狭く見えてしまい一重まぶたのようになることもあります。

そのため、奥二重の人は肌に近い薄いブラウンで柔らかいグラデーションを作るといいでしょう。二重幅を広く見せたい人は、二重のラインにオレンジを使うのもおすすめです。

膨張色やパールは差し色として

奥二重でも、ワンポイントの差し色としてなら、ピンクなどの膨張色やキラキラのパールやツヤ系を使うこともできます。全体をマットに仕上げたら、最後にピンクやパール系などのアイシャドウをアイホールの中央部分や涙袋などにプラスして。ほんのり甘めの印象が加わって立体的に仕上がります。

下まぶたはナチュラルに

下まぶたもアイシャドウを使うことでかわいらしい印象を作れます。ただしナチュラルなカラーを使って、さりげなく仕上げることが大切です。涙袋の部分にアイボリー系のアイシャドウを引くだけで、立体感が際立ちます。また、ベージュを目尻から2/3あたりに、目頭にはピンクを乗せるようにしても印象的です

結論

奥二重のアイシャドウは、二重の部分を広く見せるのがポイントです。華やかに仕上げることを考えて、色選びと色ごとの塗る部分を工夫するときれいに仕上がります。メイクで二重を広く見せるのが大変だったり、もっと自由に華やかなメイクを楽しみたかったりするなら、メイクなしでも自然な二重を作れる二重整形もおすすめです。

参照URL

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.