憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » エリア別 人生が180度変わった -大阪女子の二重整形物語 - » 朝のメイク時間をもっと短くしたい- 光明池・和泉中央のOL・麻美の二重整形物語 –

朝のメイク時間をもっと短くしたい- 光明池・和泉中央のOL・麻美の二重整形物語 –

「朝の貴重な時間をアイメイクでつぶしたくない」麻美の体験談

最低1時間かかるアイメイクのためだけの早起きから解放されたい

和泉中央駅から淀屋橋にある職場まで通勤している麻美。結婚を約束している恋人と同棲しており、将来を考えて子育てがしやすそうな街だと思い和泉中央に引っ越しを決めた。駅近くにはららぽーと和泉やエコール・いずみなどの大型ショッピングモールがあり、和泉市中央公園や光明池緑地など自然豊かなところも気に入っている。

仕事も恋愛も順調で充実した毎日を過ごしているように見える麻美だが、子どもの頃から大人になった今でも抱えている悩みがある。それは、切れ長の一重。目つきが悪く見られることで誤解されることも多く、高校生になってからはアイプチが手放せなくなった。そのほかにも、つけまつ毛やアイラインなどのアイメイクに最低でも1時間はかける日々を過ごしている。朝は強いほうじゃない麻美だったが、コンプレックスの目を誰かに見られるぐらいなら…とメイクのために早起きを続けていた。

朝のメイクに時間をかけている間にまわりは朝活で自分磨き…

そんなある日、運動不足を解消するために入ったテニスクラブ コ・ス・パ 光明池テニスガーデンのクラブ仲間とのランチ会で「朝活」についての話題で盛り上がった。英会話やヨガなど朝の時間を利用して、スキルアップや自分磨きに励んでいるという。麻美もキャリアアップのために朝活は気になっていたが、ただでさえアイメイクに時間をかけているのに、これ以上の早起きはできそうにない。

その日のランチ会はクラブ仲間の楽しそうな会話をただ聞くだけで終わった。帰宅してメイクを落としながら、いつまでアイメイクのためだけに早起きをしなければいけないんだろうと麻美は考える。いつかママになったときに、子育てと並行してアイメイクに時間をかけられるだろうか。それに、年齢的にもつけまつ毛やアイラインでごまかすのがこれからどんどん難しくなってくる。このままコンプレックスに振り回される生活を過ごすくらいなら…と麻美は二重整形を受けることを決めた。

整形バレしない自然な仕上がりにしたい…埋没法で理想の目を実現

二重整形を決意した麻美は、通勤時の時間を利用してさまざまなクリニックの口コミをチェックしながら候補をいくつかピックアップする。週末にクリニックをはしごしてカウンセリングを受け、「できるだけ自然な仕上がりにしたい」と整形バレするのが不安な麻美の気持ちに寄り添ってくれたクリニックを選んだ。医師が勧めてくれたのはメスを入れない埋没法でナチュラルな末広×幅狭の二重にする施術だった。

会社の夏休みを利用して二重整形を受けることを決めた麻美。当日は緊張していたが、医師が優しく声かけをしてくれたおかげでリラックスして施術を受けることができた。思っていたよりもあっという間に手術は終わり、あれだけ二重になるためにアイメイクに時間をかけていたのが少し馬鹿らしくなる。数日は腫れが続くというので恋人の反応が不安だったが、アイプチで肌荒れしたとごまかすとあっさり納得してくれた。

夏休み明けには腫れも落ち着いてきて、メイクもできるようになった。もともとメイクで二重を作っていたので、整形を疑う人もいない。なによりもメイクの時間がぐっと短くなったのが嬉しかった。これからは英会話やヨガ、ジョギングなど諦めていた朝活をスタートすることができる。まずは何から始めようか、と麻美はわくわくした気持ちで朝を迎えられるようになった。

麻美の二重整形が上手くいった要因は?

メスを入れずにダウンタイムが少なくてすむ埋没法を選んだこと

整形バレをするのが不安だった麻美にとって、メスを入れない埋没法を選んだのが大きな成功ポイントの1つ。メスを入れずに糸で留める埋没法はダウンタイムが少なく、整形バレしたくない、または長期的な休みを取れない社会人におすすめの施術法です。また、日本人の目に合う「末広×幅狭タイプ」の二重を選んだことで、より自然な仕上がりにすることができました。

メリットの多い埋没法ですが、腫れぼったいまぶたの場合だとキレイに二重のラインが作れなかったり、すぐに取れてしまう可能性があります。そのため、ぽってりまぶたの方は切開法、もしくは埋没法と合わせてまぶたの脂肪を切除する脱脂法またはROOF法を受けるのが◎。脂肪の種類によって適切な施術法が変わってくるため、医師にしっかりと腫れぼったいまぶたの原因を見極めてもらうことをおすすめします。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重で悩む二重になりたい女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.