憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.40 アイラインがうまく描けない

メイクされている女性

Q.一重の目をきれいに見せようとすると、アイラインがうまく引けないのが悩みです…。

私は一重まぶたなのですが、アイラインを引くのが苦手です。どうしても綺麗にアイメイクを仕上げようとすると、アイラインがどんどん太くなってしまったり、目尻から急にアイラインが出てきたりと、仕上がりが不自然になってしまいます。

一重の人がアイラインを引くときは、細くすると良いと聞き、やってみたこともありますが、細く書くと隠れてしまい見えません。一重まぶたの場合には、どんなふうにアイラインを描いたらいいのでしょうか。何かアドバイスがあれば教えて推してい。

A.一重さんのアイラインは、アイラインを描く場所を意識すること!

一重のアイラインは太く引いても、まぶたの形状によって見えなくなってしまう可能性が高いです。塗っても見えない部分に気を取られて塗りすぎてしまわないように、見える部分で勝負しましょう。また描き方のポイントをおさえれば、アイラインが急に出てくることもなくなるでしょう。

一重さんの基本のアイラインの引き方

一重まぶたの人は、基本的にアイラインは目尻だけに入れるようにしましょう。一重の場合、まぶたで目のキワに被るような状態のため、アイラインが見えなくなってしまうのです。どこにアイラインを引けばいいかを意識すると綺麗に描くことができます。

まず目を開けた状態で、上まぶたのラインの延長線上に目尻のラインを入れます。目を閉じるとまぶたのキワと目尻に入れたアイラインは離れているはずなので、そこを自然につないで仕上げましょう。やや太めにキワと引いたラインをつなげるだけで完成です。

この方法でアイラインを引くと太くなることなく、目を閉じても自然な印象な仕上がりになります。

ふんわりぼかして自然なアイライン

一重まぶたの人は、クールやシャープな目元にしかできないと思っている方も少なくないでしょう。しかし、アイラインの色や引き方を変えると、大人顔だけでなく、ふんわりとした可愛らしい印象も作れます。

たとえば、温かめのボルドーを使った場合、柔らかい印象を残しつつ、目元を引き締める効果が期待できますよ。全体的にまぶたのキワに沿ってラインを引き、乾く前にラインを指でなじませてぼかします。最後に目尻は長めに引いて、目を開けたときにも見えるようにしましょう。

一般的なブラックやブラウンとは一味違ったニュアンスも楽しみつつ、ぼかしテクでふんわりとした印象に仕上げてみてくださいね。

もっとアイメイクを試したいなら二重整形がおすすめ

一重の人はアイラインを全体的に塗るのではなく、目尻だけに描いて、ぼかしテクで対応するとおしゃれに仕上がります。見えないところにべったりとアイラインを引かないため、太くなってしまう心配もありません。

カラーや引き方など、もっといろいろなアイメイクを楽しみたいなら、二重整形を考えてみても良いかも。パッチリとした目元を手に入れることで、アイメイクももっと楽しめるでしょう。

参照URL

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.