憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.52 二重整形で人気の埋没法ってどんな施術?
  

vol.52 二重整形で人気の埋没法ってどんな施術?

Q. 二重整形の埋没法は切らずに二重が作れるって本当?

「二重整形をすると、毎日アイプチで二重を作る手間がいらないため便利だよ」と友達にアドバイスされました。毎日メイクが大変なので二重整形を考えていますが、施術で切るのには抵抗があります。切らずに二重になれる方法があると聞いたのですが本当でしょうか。

A.二重整形の埋没法であれば切らずに二重が作れます

「プチ整形」と呼ばれる埋没法は、メスを一切使わずに二重整形できる施術法です。埋没法では、髪の毛よりも細い糸を使用して、まぶたを裏側から数か所縫い止めて二重のラインを作ります。メスを入れるのに抵抗があるという方や、コストをおさえて二重整形を受けたいという方におすすめです。

二重整形の埋没法3つのメリット

二重整形のなかでも人気が高い「埋没法」は、メリットの多い二重整形術です。埋没法のメリットをご紹介します。

切開せずに二重が作れる

埋没法は、糸でまぶたの皮膚を数か所縫い止めることで、二重のラインを作る二重整形術です。縫い止めるのはまぶたの裏側なので、切開を一切せずに二重が作れます。大掛かりな施術を必要とせず、比較的に手頃な費用でできることも、埋没法の人気の理由のひとつです。

施術時間やダウンタイムが短い

切らずに施術が終わるため、施術時間も大変短く、15~20分程度で完成するのが一般的です。まぶたを切開しないため術後の腫れが少なくて済み、ダウンタイムがほかの施術法よりも、圧倒的に短いのが特徴です。

やり直しができる

二重整形の切開法は、皮膚やまぶたの脂肪を取り除いて二重のラインをつくるため、施術後に思っていたラインと違っても、やり直しが難しいものです。埋没法は切らずに糸を縫い止めて二重のラインを作っているため、糸をほどけばやり直しができるのも嬉しいメリットです。

二重整形の埋没法の2つのデメリット

埋没法のデメリットを2つピックアップしてご紹介します。納得のいく二重整形を受けるためにも、良い面だけでなくそうでない面を知っておくことが大切です。

糸が取れてしまうことがある

まぶたを裏側から縫い止めるだけで二重ラインを作っているため、糸が取れたり緩んだりしてしまうと、二重のラインが崩れて、もとのまぶたに戻ってしまうことがあります。

特に施術後すぐはまだ糸と皮膚がなじんでいないため、強く目をこするなど、まぶたに負担をかけるのを避けることをおすすめします。

目やまぶたの状態によってはできない場合もある

埋没法は、すべてのまぶたに施術できる二重整形術ではありません。目やまぶたの状態によっては、埋没法ではキレイな二重が出にくいケースがあります。特にまぶたの皮膚や脂肪が多く、まぶたが腫れぼったくなっている人は、埋没法をする前に、医師と入念な打ち合わせをしておきましょう。

埋没法で二重整形をしたあとのダウンタイムの過ごし方

埋没法で二重整形の施術をした後、まぶたが腫れている間は、まぶたの周りをアイシングし、早く腫れが引くよう促しましょう。

手術後は触らず、できるだけ目が疲れないよう目を酷使しないように注意しましょう。ダウンタイム中は、スマホやテレビの見過ぎは厳禁です。うつぶせの姿勢もまぶたに負担がかかるため、避けたほうが良いでしょう。

施術後は緊張で体にも負担がかかっており、休息が必要です。目に負担がかからないように、枕やクッションで上半身を少し持ち上げ、休息を取ることをおすすめします。

手軽に二重を手に入れたいときは埋没法による二重整形がおすすめ!

切らずにできる二重整形が埋没法です。施術時間が短く、ダウンタイムも短いため、手軽に二重を手に入れたい人におすすめです。できるだけキレイな二重をキープするために、強くこするなど、まぶたに負担がかかることを避けることがポイントです。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.