憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
  

vol.74 プチ整形と整形の違い

プチ整形と整形、よく耳にするけれど何が違うのか分からない…という方も多いはず。明確な定義による違いはありませんが、結論からいうと、メスを使用するかしないかで区別されることが多いようです。

こちらでは、それぞれの代表的な施術やメリット・デメリットからプチ整形と整形の違いについて紹介していきます。自分が理想としている姿になるためにはどちらの施術が必要かを知っておくために、ぜひチェックしてみてください。

プチ整形の特徴

プチ整形は直接メスを使わない、切らない施術がほとんどです。糸や注射器、レーザーを使用することで皮膚に傷を作らず、自然に顔立ちや身体を変えることができます。切開が必要な整形手術よりもハードルが低いので、手軽とまでは言えないものの、比較的挑戦しやすいでしょう。

ただ、プチという名前がつくけど、結局は整形と同じ…とネガティブな印象を持っている方も少なく、家族やパートナーの賛成が得られないこともあるようです。

プチ整形の代表的な施術

プチ整形の代表的な施術には、まぶたを糸で縫い二重を作る「埋没法」、鼻筋を高くシャープにするためにヒアルロン酸を注入する「鼻ヒアルロン酸注入」、シミやそばかすを消す「レーザー治療」などがあります。埋没法による二重整形は、とくにポピュラーなプチ整形といえるでしょう。

プチ整形のメリット

プチ整形のメリットは、料金がリーズナブルなものが多く、切開が必要な整形手術と比べると挑戦しやすいこと。切開しないため傷跡が残りにくく、リスクが少ないことも魅力の1つです。術後の痛みや腫れといったダウンタイムも比較的短いので、日常生活への支障も少なく済みます。初めて整形などの美容医療を受ける方、金銭的負担が少ない治療を求めている方にはとくにおすすめです。

プチ整形のデメリットとリスク

プチ整形のデメリットは、効果が持続しにくいことです。メスを使わずに糸や注射で施術するため、半永久的に効果が持続する施術はほとんどありません。その状態をキープするためには定期的なメンテナンスが必要なります。1回1回の費用がリーズナブルでも、トータルで見ると意外と高くつくケースも…。

埋没法による二重整形を例にあげると、二重をキープできるのは平均3~5年程度といわれています。また、もとの目の形によっては理想の二重がつくれないことも珍しくありません。憧れの二重をつくるために、埋没法と目頭切開を組み合わせるケースもあるようです。

整形の特徴

プチ整形も「整形」に含まれますが、プチ整形と整形を区別するなら、メスを使って切開したり、骨を削って骨格そのものの形を変えたりするのが整形です。プチ整形と比べるとできることの幅が広かったり、持続性が高かったりするのがメリットですが、外科的な処置のため抵抗感を覚える方も多いほか、費用が高額になりやすい、ダウンタイムが長引きやすいといったデメリットもあります。

とはいえ、効果の持続性が高く、なりたい自分になれるという点では、プチ整形より秀でているといえるでしょう。医師と相談して、しっかり検討したうえで整形を選択するのは、決して悪い選択肢ではありません。

整形の代表的な施術

整形の代表的な施術には、切開法、鼻先形成、エラ削り、バッグ挿入法などがあります。二重まぶたの施術に関しては部分切開法や全切開法があり、埋没法では難しいぱっちり二重も叶えられます。また、まぶたが厚く腫れぼったい方は埋没法がとれやすいので、切開を選ぶほうが効果が持続しやすく、憧れの二重をちゃんとつくることができます。

まとめ

プチ整形にも整形にもそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらがいいかは、お金のことや仕事のこと、なりたい理想像や今の状態によって異なります。どういう施術が適しているかを素人が判断するのは容易ではありません。まずは信頼できる医師に相談してみるのがおすすめです。

大阪で二重整形を受ける前に読んでほしい。
あなたのなりたい二重は?

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.