憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.12 目つきが悪いと言われる

Q.一重のせいで「怒っているの?」と聞かれる…
目元を優しくするためにはどうしたら良い?

一重あるあるだと思うんですが、目つきが悪く見えてしまうことで普通にしていても「怒っているの?」と聞かれたり、キツイ性格だと思われたりしてしまいます。何度も聞かれすぎて「怒っているの?」の一言でイラッとしてしまうことも。

新入社員からは陰で「怖い」「睨まれた」と言われているようで、悪い意味で近づきにくい先輩社員になっているようです。ちょっとでも親しみを持ってもらおうとニコニコしていたら、同僚から「なんでニヤニヤしてるの?」と不気味がられる始末。

目つきの悪さのせいで、上司や先輩社員から生意気だとか態度が悪いと思われることもしばしばです。好きでこの目になったわけじゃないのに、周囲の顔色やご機嫌伺いのようなことばかりしなきゃいけなくて正直疲れました。生まれつきだからと諦めるしかないんでしょうか。

A.エクササイズやアイテムで目元の印象を柔らかくしましょう!

1.目元のエクササイズ・マッサージ

眼輪筋のエクササイズや目元をマッサージすることで、キツイ印象を持たれがちな目元に優しさをプラスする効果が期待できます。

まず人差し指で両目の外側を引っ張り、目を5秒ほど閉じたら少しずつ目を開けましょう。次に目尻の上を人差し指で押さえ、斜め上に引っ張ります。それから5秒ほど目を閉じてください。最後に目尻の下を人差し指で押さえながら斜め下に引っ張り、また5秒ほど目を閉じましょう。毎日5セット繰り返すことで目元に柔らかい印象を与えることができます。

目をつぶって、まぶたの上に3本の指を軽く触れるぐらいに置き、黒目の部分を避けながらまぶた全体を軽くもむようにさすります。このとき目を押してしまわないように注意。上下左右を10回ずつ回すようにさすったら、深呼吸をして終了です。

2.口角を意識して上げる

口角を上げることで、顔全体の印象を良くすることができます。口角を上げるためのトレーニング法としては割り箸を軽く噛んで口角を持ち上げ、23分キープ。最初はそれだけで難しく感じますが、慣れてきたらさらに口角を上げるようにするとより効果アップを期待できます。テレビを観ているときなどちょっとした時間にできるので、毎日でも続けやすいトレーニングです。

3.丸みのあるフレームのメガネを使用する

すぐに目つきの悪さを改善したいという方は、丸みのあるフレームのメガネをかけて顔の印象を和らげるのも手です。ただし、目つきそのものには効果がないので目元エクササイズやマッサージ、口角上げトレーニングも一緒に行うことをおすすめします。

番外編.ヘアスタイルで目つきの悪さを和らげる

ヘアスタイルで目つきを和らげるのも1つのテクニックです。おすすめは「斜め前髪」と「パーマヘア」。斜め前髪は目元に流れるように斜めに大きく弧を描くラインをつくると、キツさを和らげて優しい印象にしてくれます。ふわふわのパーマヘアも女性らしさや可愛らしい印象をプラスできるので、クールに見られがちな一重さんにおすすめです。

目つきそのものを根本的に変えたいなら…二重整形がおすすめ

目つきの悪さを根本的に変えたいのであれば、二重整形が効果抜群です。目元をパッチリさせることで柔らかい印象を与えられ、たれ目を形成することも可能。さまざまな手術法の中から、なりたい理想の目に近づくことができます。

クールな印象を和らげることで、今まで似合わないからと諦めていたファッションやメイクを楽しめるというメリットもあり。目つきの悪さでビジネスシーンやプライベートで損をしていると感じたら、目元そのものを変えることを選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.