憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » エリア別 人生が180度変わった -大阪女子の二重整形物語 - » メスを入れずに自然な二重になりたい- 天王寺の書店員・真紀の二重整形物語 –

メスを入れずに自然な二重になりたい- 天王寺の書店員・真紀の二重整形物語 –

「二重になって明るく笑えるようになりたい」真紀の体験談

コンプレックスだった一重を優しく慰めてくれた憧れの彼も…

天王寺のとある書店で働く真紀。子どもの頃から本が好きで、ずっと本に囲まれていたいという夢がかなった書店員としての毎日は充実している。真紀が本を好きになったのは、小学生の頃にクラスの男の子から一重の細い目をからかわれるのが嫌で、休み時間になるたびに図書室に逃げ込んだのがきっかけだ。真紀が一重であることを誰も気にしない本の登場人物たちと過ごす時間は居心地が良かった。

大人になった今でも男性とのやりとりが苦手な真紀に特別な存在が現れる。それはときどき売り場に顔を出す大手出版社の営業の男性だ。本の知識が豊富な彼との話は楽しく、また真紀がぽつりとコンプレックスを打ち明けたときに「一重の女性って大人っぽくて素敵じゃないですか」と言ってくれた。

そんなある日、あべのハルカスにあるカフェでお気に入りの作家の新作を読んでいると、同僚からLINEが届く。本の続きが気になりながらもLINEを開くと、「速報!」という言葉からはじまったメッセージには、あの営業の彼が結婚することが書かれていた。お相手は、同じ書店で働くパッチリとした目が愛らしい同僚の女性だった。

二重になって明るくなりたい!と思った真紀は二重整形を決意

「やっぱり彼も二重の女性が好きだったんだ」とショックを受けた真紀がふとカフェを見渡すと、休日だからかカップル連れが多いことに気がつく。幸せそうなカップルの彼女はみなパッチリと愛らしい目をしていて、ある子は真紀が自分には似合わないからと諦めたワンピースを可愛く着こなしていた。

居心地が悪くなった真紀はカフェを出て、落ち込んだときによく足を伸ばす天王寺公園へと向かう。いつもなら自然に囲まれた公園のベンチで読書をすれば気持ちが落ち着くはずなのに、なぜか今日は本の内容がまったく入ってこない。

私はいつまで本の世界に逃げるつもりなんだろう…おばあちゃんになってもずっと1人きりで?と思うと、急に虚しさやら寂しさが押し寄せてきた。そんなとき、ふと営業の彼と結婚した同僚の女性の顔が浮かんだ。彼女はいつもニコニコしていて誰に対しても明るく、コンプレックスの目を見られるのが嫌で伏し目がちな真紀とは正反対な存在だった。

私も――私もコンプレックスをなくして彼女のように明るくなりたい、と真紀はスマホで「二重になるには」と検索をかける。色々な方法がでてくる中で、不器用でメイクも得意じゃない真紀が選んだのは二重整形だった。

二重になるのは夢物語じゃなかったんだと明るい笑顔を取り戻した真紀

色々なクリニックに足を運んでカウンセリングを受けた真紀は、その中でも親身に話を聞いてくれて、真紀の目の形に合う二重を提案してくれたクリニックで手術を受けることにした。「自然な仕上がり」「メスを入れるのは怖い」と伝えていた真紀はメスを入れずに自然な二重に仕上がる埋没法で末広×幅狭の施術を選ぶ。

手術は思っていたよりもあっという間に終わり、二重になるのってこんなに簡単なものだったんだとコンプレックスで悩んでいた日々がもったいなく感じた。翌日にも少し腫れが残ったものの、いつも伏し目がちだった真紀の変化に気づく同僚はいない。

ただ、人の目を見て笑えるようになった真紀に常連のおばあさんが「あら、明るくなったわね」と笑いかけてくれた。今は出社帰りに天王寺mioやあべのハルカスで洋服を選ぶ時間が楽しい。メイクにも興味が出てくるようになってきた。今まで恋人のイベントだと諦めていたあべの天王寺イルミナージュにも今年は誰かと足を運んでみたい、良縁結びの愛染さんにお参りに行こうかなと夢に胸を膨らませながら書店を訪れた客に「いらっしゃいませ!」と明るく声をかけた。

真紀の二重整形が上手くいった要因は?

色々なクリニックに足を運んでしっかり選んだこと

真紀の二重整形が上手くいったポイントは色々なクリニックに足を運んで自分の目に合った施術を提案してくれる医師と出会えたこと。早く二重になりたい!と焦るあまり、アクセスの良さや施術料金の安さだけで選んでしまうと、自分の目に合っていない施術を受けて「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまっていたかもしれません。

また、医師の技術の高さはもちろん、親身なカウンセリングで自分の目の形となりたい目の理想をうまくマッチングしてくれるクリニック選びもポイントです。「自然な二重になりたい」「メスは入れたくない」と医師にしっかり伝えていたことで、理想のナチュラル二重に近づけたのでしょう。

ただし、埋没法はメスを使わずに糸で留めて二重にする施術法のため、ぽってりとした厚みのあるまぶたの場合、糸がとれやすくなってしまいます。満足いく仕上がりにするためには、真紀のように自分の目の形やまぶたの状態を見て、ぴったりの施術法を提案してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.