憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » エリア別 人生が180度変わった -大阪女子の二重整形物語 - » SNSでみんなからいいね!されるキラキラ女子になりたい– 吹田の大学生・梨花の二重整形物語 –

SNSでみんなからいいね!されるキラキラ女子になりたい– 吹田の大学生・梨花の二重整形物語 –

「アプリで加工せずにSNSに写真をアップしたい」梨花の体験談

アプリで加工は当たり前…本当の素顔は見せられないと悩む梨花

吹田市の実家から梅田の大学に通っている梨花。学校帰りや休日は友人とSNSで話題になったカフェやショップに行っては写真をアップしてフォロワーから「いいね!」をもらうのが楽しみになっている。充実したキャンパスライフを送っている梨花だったが、幼少期から自分の一重の目にコンプレックスを持っていた。

SNSに写真を載せる。そしてフォロワーからのリアクションをもらう。梨花の大学生活はごくごくありふれたもので、SNS上の自分はそんな日常を華やかに見せてくれるツールでもあった。友人と話題のカフェに行って写真を撮り、SNS上の反応に承認欲求を覚える梨花。しかし、かつては幼少期は自分の目にコンプレックスを抱いていたのだった。

小学生の頃に「怒ってるの?」と何度も言われるのが嫌で、私立の中学受験を機にアイプチを始める。けれど使っているうちに肌に合わなくなり、それからはアイメイクやカラコンで盛ってはごまかし続けてきた。

とはいえ、抱えた心の傷はそう簡単には癒えない。梨花は現実の自分とは乖離したSNSの自分に姿を重ねる事で、知らず知らずのうちに現実から目を背けていたのだ。それは、些細なことであったかもしれない。最初は、メイクから自分を変えようと努力をしてきたが、二重になりたいという気持ちとは裏腹にアイプチは肌に合わなかった。それからは一重を活かしたメイクを身に着けたのであった。

SNSをはじめてからはアプリで少しでも目が大きく見えるような加工がやめられなくなる。パッチリ二重の友人が「寝坊しちゃった」とすっぴん風メイクをアップしてはいいね!をたくさんもらっているのをうらやましく思っていたが、ナチュラルメイクでSNSに写真をアップする勇気はなかった。

アプリの技術には目を見張るものがある。最近では、目の大きさや輪郭・色味…何だって変えられた。麻痺をしていたのかもしれない。目を誇張した編集は、SNSでは「かわいい」と持て囃された。ただ、SNSでも当然自分より優れた人間は多く、元から端正な顔つきの女性にはかなわなかった。いつだってそうだった。だから手を変え品を変えやり過ごしてきた。アプリがあれば顔は変えられる。ネットの世界に没入していく梨花であった。

憧れの先輩から「SNSと顔が全然違う」と言われて整形を決意

SNSでフォローしていた憧れの先輩から「今度遊ぼう」とメッセージをもらった梨花は休日に心斎橋のカフェで待ち合わせをする。いつもよりもメイクやファッションに気を遣ってカフェに向かったが、顔を合わせた先輩からは「SNSと顔が全然違うから誰か分からなかった」と言われてしまった。

SNSでは現実の自分とは違うキャラクターを演じることができる。だから現実ではありえないことも起こるのだ。SNS上でつながっていた先輩とデートをする事になった梨花はすでに麻痺していた。ネットの自分が本来の自分である、という錯覚をし、現実を見落としていたのだ。その辛い現実を先輩との会合で思い知らされるとは、思いもしなかった。

待ち合わせで顔を合わせるも、まるで自分が透明人間にでもなったかのような反応で、声をかけると驚いたような表情を浮かべている。彼の言い分は梨花にとって耳をふさぎたくなるものであった。

アプリで加工するのが日常的になっていた梨花にとって、現実の顔はカメラのフィルター越しの自分とは違うことを改めて突きつけられた気がしてショックを受ける。帰りの電車でSNSに先輩と撮った写真をアップしようとするも「顔が全然違う」と笑った先輩の声が忘れられずにいた。自撮りや加工テクニックばかりが上手くなっていることがふいに嫌になり、角度や加工にこだわらなくても可愛く見える自分でありたいと梨花は二重整形を決意した。

帰りの電車はいつもより空間が広く感じられた。それは心と同じように隔離されたような孤独感を強調するものであった。彼から言われた「SNSと顔が違う。メイクを薄くしたの?」という言葉が何度も頭の中でめぐっては、喉の奥からせりあがる。SNSで生きていた自分と現実の自分とは別人であるという事を突き付けられ、うつろになった梨花は電車内の広告に目をやった。自然と引き寄せられていたのかもしれない。そこには「自分を変える 二重整形」という宣伝文句が謳われていた。梨花は決心する。生まれ変わって、自分を取り戻すのだと。

平行×幅狭のパッチリ二重になった自分の笑顔に「いいね!」

大学が夏休みに入ったのを機に梨花はクリニックに足を運んだ。憧れの女優さんのような目になりたいと医師に伝えると、平行×幅狭タイプの施術を勧められる。梨花のぽってりとした厚いまぶただと埋没法だけでは取れやすかったりラインがしっかりつかなかったりすると説明を受け、埋没法と脱脂法を組み合わせた施術を決意。

大学は夏休みに入った。彼の言葉が今でも頭の中で反響する。ここまできたら後には引けない。梨花はクリニックへと足を運んだ。医師はなんでも受け入れるような懐の広さを感じさせる男だった。悩みを打ち明けると真剣にうなずき、二つの方法を提案した。

二重埋没法

埋没法はメスを使わない、切らない二重整形です。プチ整形とも言われています。糸使って二重のラインを作り、自然な仕上がりになる点が魅力の施術です。切らないことでダウンタイムも数日(4~5日)程度で、当日からメイクもできるので、比較的短期間で施術することができます。

  • 手軽に短期間で二重まぶたになりたい方
  • 自然な二重まぶたを作りたい方
  • メスを使わない手術を望む方
  • 傷ができたり、腫れなどを避けたい方

といった方におすすめの施術方法といえます。

費用は、1~10万円ほど。

目の状態や要望によって施術方法が変わる点と左右どちらか、両目かで料金が変わります。医師へ予算なども併せて相談することをお勧めします。

脱脂法

瞼に厚みがある、などの悩みに対して提案されることの多い脱脂法。瞼にある眼窩脂肪を摘出することで目元をすっきりとさせます。脂肪を摘出するにあたって、数ミリの小さな穴をあけるので、術後の後なども目立たない点が魅力です。必要かどうかは医師とのカウンセリングの上で決定する事をお勧めいたします。

費用は、10万円~

基本的には、埋没法やそのほかの二重整形術と合わせて受けることも多く、クリニックによってはセットで15万円など、用意があるところもあります。

手術は思っていたよりもあっという間に終わり、痛みもそれほどなく、自撮りや加工に頼らなくても簡単にパッチリ目になれるんだと感動する梨花。しばらくは腫れが続いたものの、夏休みが明ける頃には大分目立たなくなっていた。まわりの友人にはアイプチを使いはじめたと伝えたところ、それ以上は特に何も言われることはなかった。

手術台にのぼるのなんて、人生であと何回なのだろうか、そんなことを考えているうちに麻酔が効いてきたのか、意識は遠のいていく。次の瞬間、目を開けたときには先ほどの医師が顔を覗き込んでいた。「終わりましたよ。大丈夫ですか?」と声をかけられ、ようやく現実に戻った気持ちがした。術後に鏡を見ると、どこかで転んだんじゃないか、という腫れようだったが、はっきりとこれまでついたことのない二重のラインが表れていて、施術が終わったことを再度確認したのであった。

しばらくの間、目は腫れていたが、思っていたよりは早く腫れも引いて、眼鏡でごまかせるレベルになっていた。夏休み明けの友達の反応を見るに、どうやら上手くいったようだった。とはいっても、これまでの顔とは違うのだから、アイプチをはじめたと言い訳をした。

この間の週末は友人から紹介された彼と吹田サッカースタジアムではじめての観戦デートを満喫。ナチュラルメイクだったので汗でメイクが落ちる心配をする必要もなく、満面の笑顔でサッカー観戦を楽しむ梨花の写真は今までで一番「いいね!」をもらえた1枚となった。

だいぶ腫れも収まったタイミングで、友人からサッカー好きの男性を紹介してもらった。楽しみにしていた当日はあっという間にやってきたが、これまでとは変わった目元を見て、自信を取り戻す。やっと本当の自分に出会えたと安心した。スタジアムは熱気に満ちていて、スポーツ観戦ともなればナチュラルメイクでないと浮いてしまう。これまでであれば、絶対に避けたい状況だったが、梨花はそんな状況を楽しめるようになっていたのだった。

コートをバックに撮った写真は、かつてないほどの反響とともにこれまでで一番いい反応をもらえた。もうSNSと現実の自分に差を感じない。そんな梨花のコンプレックスは二重整形によって解消されたのだった。

梨花の整形が上手くいった要因は?

満足いく仕上がりのカギはまぶたに合った施術にあり

梨花の二重整形が成功したポイントは、医師にじっくり診てもらってまぶたに合った施術を受けたこと。まぶたの厚いタイプの方はせっかく施術を受けても取れやすくなったり、満足いくラインに仕上がらなかったりしてしまう可能性があります。

まぶたのお肉を取る脱脂法と組み合わせることで、ぽってりまぶたに邪魔をされずにパッチリ二重を手に入れることができるのです。脂肪のつき方によっては全切開法とまぶたの皮ふ下の浅い位置にある脂肪を摘出するROOF法の組み合わせが適している場合もあり。

そのため、まぶたがぽってりしている原因を医師にしっかり見てもらったうえで自分にぴったりの二重整形を受けるようにしましょう。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.