憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.4 奥二重でアイラインが見えない

Q. 奥二重だから、アイラインを塗っても目立たずメイクを楽しめません。

私は奥二重です。そのため、アイラインを塗ってもまぶたに隠れてしまい目立ちません。だからといって、アイメイクをしないと目が小さく細く見えてしまいます。自分としては、ナチュラルな感じを残しつつ、印象的なパッチリまぶたを作りたいです。ギャルっぽくしたり、つけまつげをつけたりする気はありません。

奥二重でも、自然でかわいいアイラインをひくポイントを教えてください。

A.奥二重のアイラインは見える部分で勝負をして。

奥二重さんのまぶたは、もともと二重の線があり、二重の部分が目頭から中央くらいまで被さっている状態です。そのため、アイラインやアイシャドウが目頭中心に見えにくくなる傾向があります。そのため、アイラインが目立たないという悩みを持つ奥二重の人は多いのです。

アイシャドウは薄く幅広めに塗って、悪目立ちさせずに見せることができますが、アイラインの太すぎは悪目立ちの元。だから、奥二重の人はアイラインを引くとき、見えない部分を見せようとしてはいけません。見えない部分はさりげなく仕上げて、見える部分である目尻周辺を工夫しましょう。

まぶたのキワに沿って細く

初めに、上まぶたのアイラインはリキッドタイプを使い、キワに沿って細めにシンプルなラインを引きます。目尻はまぶたのカーブに合わせてややオーバーめにしておき、目の横幅を大きく見せましょう。最後にほんの少し、跳ね上げて終えるのがポイント。さらに奥二重の人はブラウン系を使うと自然に目ヂカラアップできます。

次に、まつ毛の間を丁寧に埋めていきましょう。こうすることで、さりげないけどしっかりと目ヂカラのある目に仕上がります。指でまぶたを持ち上げるようにしながら、粘膜のまつ毛とまつ毛のすき間に筆の先端を置いていきましょう。まつ毛が多く見えて、アイラインがはっきりします。

最後に、ペンシルタイプのアイライナーを全体に引きます。2つの質感によって自然なのに強く印象的な目に。二重の幅を狭く見せないように、全体は細く、繊細に描くことと目尻をやや伸ばして終えるのがポイントです。まぶたのキワから離れないように極細に引きましょう。

下まぶたも丁寧に

奥二重の人は下まぶたのアイラインも重視したいもの。下まぶたのアイラインによって陰影を強めて、印象的な目に仕上げます。下まぶたのアイラインは、かっちり目を囲むのではなく、目尻から1/3までに引くのがポイントです。まつ毛の間を埋めるように筆の先端で色を置いていきましょう。

結論

まぶたが覆いかぶさっている部分がある奥二重さんは、アイラインも見える部分と見えない部分ができます。そのため、見えない部分はさりげなく仕上げておき、見える部分で最大限にアイラインを生かすテクニックを使いましょう。もっとキュートな目元を演出したい、限定されずにアイメイクを楽しみたいなら、二重整形を検討するのも一つの手です。自分に合う自然な二重を提案してくれるクリニックを探してみましょう。

参照URL

「アイラインの引き方|初心者でもよくわかる!一重さん、奥二重さん、二重さんも抜け感のある目元に」
https://www.biteki.com/make-up/make-up-face-catalog/268715#heading02

「プロに聞く奥二重のアイメイク!あるあるお悩みもこれで解決♡」
https://www.cchan.tv/mag/d03ebbf96e014f93956f543662b7d0a0/#section000

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.