憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » vol.60 二重整形をやり直したい場合の注意点とは??
  

vol.60 二重整形をやり直したい場合の注意点とは??

Q. 二重整形のやり直しは誰でもできる?

子どもの頃から目つきが悪いとよく言われるため、二重整形を検討しています。でも二重整形を受けても理想的な目元にならないかもしれないと思うと正直不安で。一度受けた二重整形はやり直しができるのでしょうか。

A. 二重整形の施術法によってやり直しできるときとそうでないときがあります。

二重整形といってもさまざまな施術方法があるため、すべての方法でやり直しができるとは言えません。また、その人のまぶたの状態や理想の形によっても異なります。そのため施術前にしっかり医師と相談することが大切です。

埋没法ならやり直しできる可能性が高い

二重整形のなかでも「プチ整形」と呼ばれることもある「埋没法」は、やり直しがしやすい施術法としても知られています。切開せずに、まぶたの裏側から特殊な糸を使ってまぶたの皮膚を縫い止めて二重のラインを作ります。やり直ししたい場合は、縫い止めている糸を取り、新たに縫い直してラインを修正します。埋没法はやり直しのできる施術法として知られていますが、何度もやり直しを繰り返すのはまぶたに大きな負担がかかってしまうため推奨できません。

切開法の場合はやり直しできないケースもある

幅の広い二重を作りたいときや、まぶたの脂肪や皮膚の量が多い場合には、切開法という施術法で二重を作ります。余分なまぶたの皮膚や脂肪を取り去って二重を作るため、施術後にやり直したい場合、残った皮膚や脂肪の状態によっては、やり直しができない可能性があります。

二重整形でやり直しになることが多い理由とは?

二重整形を受ける人のなかには、さまざまな理由でやり直しを希望する人がいます。やり直しが必要になるのはどのような場合なのでしょうか。

埋没法の糸が切れた

埋没法では、施術後すぐにまぶたを強くこすってしまったり、まぶたの脂肪や皮膚の量によっては糸が切れたり、緩んだりして一重に戻ってしまうことがあります。埋没法では、そのような理由でやり直しが必要になることも少なくありません。

思っていた二重の幅ではない

予想よりも二重の幅が広く、やり直しをしたいというケースはよくあります。施術後すぐは、まぶたが腫れているため幅が広すぎるように感じることがあります。時間が経過するにしたがって、施術した二重の幅に変化していきます。実はまだまぶたの変化の途中で、やり直しが不要というケースが大半です。医師に確認してみましょう。

左右対称でない

両目を比べたときに左右非対称に感じることがありますが、ダウンタイムの場合まぶたの腫れは必ずしも左右対称で出るとは限らず、多くの場合でダウンタイムが過ぎるとほとんど気にならないようになります。施術後に長い時間が経過しているのにもかかわらず、明らかに左右のまぶたの形が大きく異なるという場合には、やり直しが必要になることがあります。

二重整形の施術は病院選びが重要

二重整形でやり直しが必要になる場合は、施術を受ける人の理想とするまぶたの状態がしっかりと医師に伝わっていない場合や説明、技術不足などによるものです。施術後にやり直しを希望しなくても良いように、施術を受ける前にはしっかりとリサーチをして病院を選ぶことが大切です。

病院によっては、万が一まぶたが気に入らなければやり直しができるサービスや、他院での施術の修正を受けているところもあります。病院を選ぶときは、万が一のことを考えておくことも必要です。

まとめ

二重整形の施術後にやり直しをしたいと感じることは、ダウンタイムが過ぎると悩みが解消されることがほとんどです。ただし、なかには技術不足の病院もあります。やり直しが必要にならないように、病院を選ぶときは入念にリサーチすることをおすすめします。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.