憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » Vol.51 二重整形後のダウンタイムを短くする3つのポイント
  

Vol.51 二重整形後のダウンタイムを短くする3つのポイント

Q.二重整形後のダウンタイムは短くできる?

長期休暇を利用して二重整形をしたいと考えていますが、仕事もあるのでできるだけダウンタイムを短くしたいです。二重整形後のダウンタイムを少しでも短くする方法って何かないのでしょうか?

A.二重整形後の過ごし方はダウンタイムの長短に影響します

二重整形は選ぶ施術方法によって、それぞれダウンタイムの長さが異なります。ダウンタイムを短くするためには、いかに早く腫れを引かせるかがポイントです。

そのため施術方法問わず、ダウンタイムの過ごし方に気を付けることで、二整形後のダウンタイムを短くすることができます。ダウンタイム中の過ごし方を確認していきましょう。

二重整形後のダウンタイムは安静にして目を休めることが一番!

二重整形後の腫れを早く引かせるためには、ダウンタイムを安静に過ごすことが大切になります。施術した医師が許可した期間までは、目や傷口の負担を避けるため、コンタクトは使わないようにしましょう。

また安静に過ごす際、スマホや読書で時間をつぶす方もいると思いますが、これらの行動も目の負担になってしまいます。スマホやパソコン、読書などで目を酷使することは極力避けるようにしましょう。静かに音楽を聞いたり、ゆったりと過ごすことをおすすめします。

二重整形後の寝姿勢もダウンタイムに影響する

二重整形後、ベッドで休憩するときや就寝するときの寝姿勢も注意が必要です。血液や水分が溜まりやすい姿勢は避け、目の負担にならない姿勢を取りましょう。うつ伏せで寝ることや、長時間下を向いたままといった姿勢もよくありません。

仰向けに寝ることが基本ですが、顔が心臓よりも高くなるように背中にクッションや枕をあて、緩やかな傾斜を作ると目にかかる負担を減らすことができますよ。

二重整形後は優しく冷やしてダウンタイムを短くする!

二重整形後は誰もが腫れを気にするものですが、少しでも腫れを早く引かせたいという場合には、術後3日~1週間程度は、優しく冷やすことが効果的です。まぶたを直接冷やすのではなく、まぶたの周辺を冷やすことを意識してみてください。

急激に冷やし過ぎることも患部によくないため、水で濡らしたタオルを絞って、まぶたの周りに当てて冷やします。保冷剤を使用する場合は、冷やし過ぎにならないように、タオルや厚手のハンカチなどで包んで使うのがおすすめ。腫れが少し落ち着き、内出血になり始めたら冷やさずに様子をみましょう。

二重整形後のダウンタイム期間は過ごし方がポイント!

二重整形後のダウンタイムは、腫れが早く引くように過ごし方に注意することが大切です。二重整形にはいくつかの施術方法があり、ダウンタイムが短いものもあります。カウンセリングなどでダウンタイムを短くしたい旨を伝え、担当医師に相談してみてくださいね。

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.