憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

絆創膏で二重になりたい

人の肌と同じ色に近い絆創膏。二重をつくるアイテムとして目立たないため、1番使いやすい方法といえます。用意するのは絆創膏とハサミだけなので、すぐに試すことができますよ。このページでは気になる使い方と、絆創膏のテカりを抑えるポイントをまとめています。上手くコツを掴むと失敗も防げますよ。

覚えておこう!絆創膏を使った二重メイクの手順

絆創膏を使って目立たない二重をつくる手順を紹介します。

【アイプチ】絆創膏の切り方

実際に絆創膏を切っている動画です。細く切ることがポイント

【アイプチ】絆創膏の貼り方

切った絆創膏を目元に貼る動画です。瞼を軽く押さえながら貼るとよれません。

【使い方】

  1. まず初めに、まぶたについている油分をきれいに拭き取ります。
  2. 貼りやすい角度は「見下し目線」。鏡を見ながらだとやりやすいですよ。
  3. 絆創膏をハサミで切ります。
    ※ポイント※
    細めに切ると、より自然な二重に。太めに切ると、より長持ちする二重になりますよ。
    切り方はコチラを参考にしてくださいね。
  4. 剥離紙を剥がします。
    ※ポイント※
    両側から強く指でつまみ、軽く引っ張るのが◎
    引っ張り過ぎると伸びたままの状態で変形してしまうので注意しましょう。
  5. 粘着テープのみを指でつまんで持ちます。
  6. まぶたに貼る位置を確認。
  7. 両手で引き伸ばし、中心から貼っていきます。
    ※ポイント※
    ある程度伸びて変形するくらいに引っ張るのが◎
  8. 貼った絆創膏の曲線が、二重の形になるように調整。
    ※ポイント※
    柔らかい素材だから、直線気味に貼るか、丸みを帯びさせるかの好みで調節するのもあり。
  9. 両端を軽く押さえてしっかりと貼りつけます。
  10. 二重まぶたのできあがりです。

絆創膏アイプチを使用した人のレポート

絆創膏アイプチを試していただいたモデルさん

モデルさん(すっぴん)

すっぴんでも十分おキレイですが、元々の奥二重の状態から二重の幅を広げたときの方が印象がいいとのことで、今回絆創膏を使ったアイプチを試していただきました。

使ったアイテム

絆創膏の写真

一般的な絆創膏です。どこでも入手できる点がメリットですね。この絆創膏をアイテープのように細くカットしていきます。カットの方法については、コチラをご覧ください。

絆創膏を貼る前の目元

モデルさん(すっぴん)目を閉じている写真

貼る際の注意点

絆創膏を切って目元に貼っている写真

アイテープなどと同じ要領で貼っていきます。緩めに貼ってしまったり、押し付けるように貼ってしまうと経過とともによれてきてしまうので、軽く瞼を押さえるのがポイントです。

貼った後の目元

絆創膏を目元に貼った後の状態

うっすら目元にラインが入っていますが、すっぴんの状態でもそこまで目立たないのが絆創膏のメリットです。

モデルさん(すっぴん)絆創膏を貼ったあとの写真

二重の幅が広がって、はっきりとした目元になりました。

絆創膏を貼った後にメイク

モデルさん(メイク)絆創膏を目元に貼っている写真

メイクをすると絆創膏を貼っているなんて全くわかりません。瞼を閉じても

モデルさん(メイク)絆創膏を貼ったあと目を閉じている写真

自然になじんでいます。近くで見ても絆創膏が貼ってあるとはわからないですよね。

目元のビフォーアフター

目元のアップで使用前後を比較する写真

違和感なく、二重幅が広くなって、明るい目元になりました。

ここからは、モデルさんのレポート内容になります。絆創膏を使ったアイプチについて、使用感や気づいたところを細かくレポートしてもらいました。

つかいやすさ

1~1.5ミリ程度の幅にカットして使用しましたが、通気用の穴が開いているので、気持ち太めの幅にカットしたほうがしっかりと貼ることができると思います。
※はがしやすいカットの仕方を動画にまとめています。

伸縮性があるので好きな長さに伸ばしやすいですが、切れてしまいやすいので使いなれるまでに練習は必要だと感じました。扱いやすくするために指先、まぶたの油分はしっかりと拭き取ること。粘着力があるので、油分をしっかり拭き取っていればまぶたにしっかり密着してくれます。

見栄え

半透明の肌色なのでばれにくく、アイプチに比べてしっかりとまぶたの肉を支えてくれるので、目元がはっきりした印象になります。

二重の幅がしっかりと出せるので目力が強くなるところが気に入っています。ただ、幅を欲張りすぎると、時間が経つにつれてよれてきてしまうので自分にベストの幅を研究すること!ノーメイクで目を閉じたときは、近くで見ると貼っていることは分かってしまうかもしれないですが、遠めには殆どわからないクオリティです。

メイクのノリ

バンドエイドの上からアイメイクをしました。油分があると取れやすくなってしまうので、ファンデなどもバンドエイドの上から塗るのが良いです。

バンドエイドの上にはメイクは乗りませんが、バンドエイドと皮膚の接着部分は少ないので、メイクもらくらくです。クリームシャドウを塗るとよれてはがれてしまいやすいので、パウダー系のシャドウを使うことがポイント。

二重の幅が広くなるので、アイラインやアイシャドウなどメイクのバリエが広がりますし、カラーシャドウ等も楽しめます!

コスパ

1枚のバンドエイドから10本くらいはアイテープとしてカットすることができます。25枚入りで300円台なので、コスパとしては非常にGOOD!毎回カットする作業が少し面倒ですが、時間のあるときにまとめて作っておけば楽チンです。

コスパが良いので、二重幅作りに失敗しても気軽に新しいものを使えるのもいいところ。また、使わなくなったとしても絆創膏として二次利用できるのは無駄がなくていいですね。どこのドラッグストアでも簡単に手に入るところも便利です。

気になる点

通気孔があいているので、細くカットしてアイテープとして使うときに丈夫さがやや損なわれている感じがしました。絆創膏なので仕方ないのですが、通気孔のなタイプならもうすこししっかりとまぶたを支えてくれるかな・・・。あとは、細くカットするのに若干テクニックがいるので手先が不器用な人は慣れるまでちょっと面倒かも。
また、やや濃い目の肌色なのですっぴんだとばれてしまいやすい。ナチュラル系のアイメイクだと使っていることがわかりやすいかもしれません。透明タイプだともう少しばれにくいかもしれないですね。

【番外編:貼り方による仕上がりの違い】

押さえておきたい!絆創膏で綺麗に二重をつくるコツ

絆創膏でパッチリ二重をつくるコツをまとめました。絆創膏は表面がツルツルしているため、「まぶたがテカって見えそう」と思う人も多いのではないでしょうか。基本のコツさえ押さえれば、自然な二重に見せることができるので要チェックですよ!

絆創膏の切り方を工夫する

絆創膏をただ切るのではなく、切りかたにも工夫を施すのが大切です。絆創膏を切るときのコツは、テープに開いている通気孔の部分を避けて切ること。これは肌にくっつけて伸ばす際、穴のある部分を切ってしまうと真っ二つに裂けてしまう場合があります。また、何度もテープ部分を触ってしまうと粘着力が弱くなるため、注意しましょう。

貼るときは目尻を押さえながら

切った絆創膏をまぶたに貼るときは、まず目頭のほうから貼っていきます。絆創膏を貼りながらグッと伸ばしていき、なりたい二重ラインに沿って貼るのがポイントです。コツは、目尻部分を指で押さえながらやること。そうすることで、絆創膏を貼りつけるときに安定してつけることができます。

アイプチで補強

絆創膏だけでも二重をつくることはできますが、より補強させるなら、アイプチなどののりをプラスするのがおすすめ。時間の経過につれ、目尻側から絆創膏が剥がれてくるため、アイプチなどののりを使うことで長く保つことができますよ。

アイシャドウでカバー

絆創膏でつくった二重をバレにくくするなら、アイメイクがおすすめ。アイシャドウを使ってごまかすことで、自然な二重にカモフラージュすることができます。特におすすめなカラーはブラウン系。ほんのり暗い色が、まぶたと絆創膏にマッチするでしょう。アイシャドウを塗るときは、ブラシや指を左右に動かすのがポイントですよ。

二重にならない…?絆創膏で失敗した人の声

絆創膏で二重にならなかった人たちの声を集めました。一見、簡単そうに見えますが、なぜ失敗してしまったのでしょうか。その原因は、使い方が間違っていたのかもしれません。失敗した人たちが行なった方法を詳しく読んでいきましょう。

※一重や奥二重の悩みに関するアンケート調査~Puente-プエンテ-調べ~

失敗の多くは、「二重に上手くできなかった」「肌の色に合わなかった」などの声が挙がりました。単に切って貼るだけでなく、使い方にコツが必要なのかも知れません。正しい使い方を知ることで、パッチリ二重をつくっていきましょう。

絆創膏では二重にならない…?絆創膏×まぶたのトラブル

絆創膏で二重をつくるにあたって、起こりうるトラブルをまとめました。絆創膏は医療でも使われているので一見安全そうにみえますが、長時間つけているとかぶれや腫れ、たるみ、ひどい場合は眼瞼下垂になる恐れもありますよ。

かぶれ・腫れ・アレルギー

絆創膏を長時間つけることによって、貼っている部分がかぶれたり、腫れたりすることがあります。他にも、かゆみが出てかいてしまうことも、かぶれる原因になっているため注意しましょう。

たるみ

まぶたは薄くて傷つきやすい皮膚です。無理にテープを剥がそうとすると、皮膚が伸びてたるんでしまうことがあります。伸びた皮膚は元に戻らないため、二重にするどころか余計に目が小さくなってしまいます。

眼瞼下垂

絆創膏を剥がすときに、まぶたの筋肉も一緒に引っ張られてしまうため、眼瞼下垂になる恐れがあります。絆創膏を剥がすときはそっと優しく剥がすようにしましょう。

あれ?まぶたに絆創膏が…。急接近でも綺麗な二重に見せるなら!

絆創膏で二重にする方法を紹介しました。使い方は切って貼るだけなので、簡単に二重をつくることができます。しかし、結構コツが必要になってくるため、慣れていかないとかなりの出来栄えに…。近くで見られるとすぐにバレてしまうため、かなりの練習が必要かも。急な接近でも自信を持てる二重にしたいなら、二重整形がおすすめですよ。近くで見られてもパッチリだから、あなたの理想の目を自慢していきましょう。

この記事を読んだ人におすすめのページ

二重になりたい人必見!二重にする方法完全網羅

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重から二重へ お悩み掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.