憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング
大阪の名医が語る二重整形ガイド » [連載]一重から二重へ お悩み掲示板 » Vol.50 二重整形はバレる?バレにくい二重整形はないの?
  

Vol.50 二重整形はバレる?バレにくい二重整形はないの?

二重の女性

Q. 二重整形はバレるのでしょうか?バレない方法が知りたいです。

頑固な一重で、二重に憧れてアイプチをしていますが、毎日のメイクが大変なので二重整形を受けたいと思っています。二重整形はバレるのでしょうか?

二重整形をしたことを周りの人にバレたくないので、バレにくい二重整形の施術があれば知りたいです。また、二重整形後バレにくい方法があれば教えてほしいです。

A. 二重整形にはバレにくい施術法もあります

二重整形がバレるのには、いくつかの理由があります。二重整形を受けたあとはまぶたに負担がかかっているため、通常の状態に戻るまで少し時間がかかりやすい傾向です。二重整形後のダウンタイムの長さや、まぶたの腫れの程度、不自然な二重のラインといった3つのポイントが、バレるリスクを高めます。

二重整形といってもさまざまな施術法があり、選ぶ施術法によってバレるリスクの度合いが異なります。「バレにくい二重整形」に重点を置く場合は、ダウンタイムやまぶたの腫れ、二重のラインにこだわった施術法を選ぶことがおすすめです。

二重整形の埋没法はバレるリスクが少なく人気

埋没法はメスを使って切開するのではなく、まぶたを裏側から髪の毛よりも細い糸で縫い止めて二重を作る施術法です。二重整形のなかでもダウンタイムが短く、腫れるリスクも比較的少ないので、初めての方でも安心して受けることができるでしょう。自然なラインが作りやすいことから二重整形がバレたくないという人からも人気があります。

埋没法は糸でまぶたを縫い止める場所やポイントによって、二重のラインが異なります。二重整形の施術後に、万が一不自然なラインになってしまっても、糸の縫い止め方を変えることで修正できることも特徴です。ダウンタイムの短さや腫れの少なさなど、バレるリスクが少ない二重整形を受けたい場合は、埋没法を検討してみてはいかがでしょうか。

周囲に二重整形がバレるリスクを減らす3つの方法!

施術法の選び方以外にも、ポイントをおさえれば二重整形がバレるリスクを減らせます。二重整形がバレるリスクを下げる3つのポイントをチェックしてみましょう!

ダウンタイムを考えて余裕のあるスケジュールを立てる

どんな施術法でも施術後すぐは腫れや内出血が見られます。二重整形の施術後は、少しでも腫れが引いた状態で人前に立ちたいですよね。

施術を受ける場合は、施術後にダウンタイムがあることを考え、余裕のあるスケジュールを立てることをおすすめします。前述した埋没法であれば、腫れ自体は数日から1週間程度で引くことが多いでしょう。

ダウンタイムはメガネやメイクでごまかす

ダウンタイム中にどうしても人前に出なければならない場合は、メガネの着用やメイク、前髪を下すことなどで目元がハッキリわからないようにするのも1つの手です。例えば、「ものもらいでコンタクトが付けられない」といえば、メガネやまぶたの腫れの理由にもなり、二重整形をしたことがバレにくくなるでしょう。

二重整形前にアイプチを使用してバレるリスクを減らす

一重の人がある日突然二重になると、周囲の人も少し驚いてしまうかもしれません。アイプチを普段から愛用している人であれば、周囲の人も二重の顔を見慣れているため、違和感なく二重整形が受け入れられることでしょう。

二重整形を受ける半月ほど前からアイプチを使用して、二重整形がバレるリスクを減らしておくこともポイントです。

バレるリスクを回避して二重整形を上手に楽しもう

二重整形の施術を受けたことを周囲の人に知られたくない場合には、バレにくい施術方法を選びましょう。施術後は、バレるリスクを減らせるように工夫することで回りに気づかれずに整形することも可能です。バレるリスクを回避して、自信の持てる目元を手に入れてみませんか?

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.