憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド

大阪で二重になりたい女性に捧ぐ、最適な整形術の提案メディア

理想を叶える二重整形カウンセリング

vol.9 似合うシャドウの色がわからない

Q.一重なのでアイシャドウがうまくいきません…。どんな色を選べばいいですか?

お気に入りのコスメブランドの新作カラーシャドウを買って試してみても、腫れぼったくなったり余計に目が小さく見えたりと残念な結果になってしまいます。雑誌のアイシャドウ特集も二重や奥二重のモデルさんばかりで全然参考になりません。

いつしか手持ちのアイシャドウは定番のブラウン系ばかりで、流行りのカラーシャドウに手を出すのを諦めるようになりました。でも、本当はもっとアイメイクを楽しみたい!一重でも似合うアイシャドウの色ってないんでしょうか。

A.赤みの少ないブラウンや寒色系がおすすめ!

定番のブラウン系カラーは裏切らない

少しでもパッチリ目に見せたい一重女子には、定番カラーのブラウン系アイシャドウがイチオシです。ブラウン系でもラメやパールが入っていないマットタイプのものなら、光を反射させずに目元にしっかりと陰影をつけられるので目力アップ効果も◎。

平面的な目元になりがちな一重でも、複数のブラウン系アイシャドウでグラデーションをつけることで立体感のある目元を演出できます。そのため、ブラウンを基調とした複数カラー入りのアイシャドウパレットは一重女子のマストバイなアイテムです。ブラウンの中でも赤みの強いものより、目元を引き締めてくれるグレー系のブラウンをおすすめします。

一重女子が遊び心をプラスするならブルーやグリーンがGOOD

定番カラーばかりじゃつまらない、一重でも遊び心のあるカラーを楽しみたいというこだわり女子はブルーやグリーンなどの寒色系カラーをワンポイントで入れましょう。寒色系のアイシャドウは目元をスッキリと引き締める効果があるため、腫れぼったさで悩む一重さんとの相性もバッチリです。

まぶたの際にネイビーのシャドウをプラスすると陰影ができて立体感もアップ。切れ長の一重を活かした涼しげな目元を演出することができます。

一重女子にはレッドカード?知っておきたいアイシャドウルール

1.赤色と彩度が高すぎる寒色系のアイシャドウは避ける

一重女子は目を腫れぼったく見せてしまう赤系のアイシャドウはNG!赤みを含んだオレンジ系のカラーも重ためなまぶたの印象を与えてしまうので避けた方がベター。

すっきりとした印象を与えてくれる寒色系のアイシャドウも彩度が高すぎるものだと目を小さくみせたり、きつい印象を与えたりするので実際の色味を確認してからの購入がおすすめです。

2.ラメ入りタイプにはご用心!

華やかな目元を演出してくれそうなラメ入りアイシャドウですが、光を反射することでかえってまぶたの腫れぼったさを強調してしまうので要注意。ぽってりまぶたの方がラメやパール入りのアイシャドウを使用したいときは、アイホール全体ではなく目尻や涙袋などポイントで使用しましょう。

カラーシャドウをもっと楽しみたい一重女子には二重整形がおすすめ

コスメ売り場で可愛いパッケージのカラーアイシャドウにひとめぼれしたり季節限定の新作アイシャドウが出たりしても、「どうせ似合わないから…」と泣く泣く諦めている一重女子さんは多いはず。NGカラーを気にせずに洋服やTPOに合わせてカラーシャドウを楽しみたい方は、似合うカラーバリエーションをぐっと広げてくれる二重整形がおすすめです。

もともとの目の形に合わせて美容整形のプロが理想の目元に近づけてくれるので、アイプチでは思うような二重を作れない方にも◎。ブラウン系アイシャドウばかりでアイメイクの時間が単調になってきた方は目元に彩りや遊び心をプラスできる二重整形を検討してみてはいかがでしょうか。

あなたのなりたい目はどれ? 理想を叶える二重整形カウンセリング

[連載]一重・奥二重コンプレックスで悩む女子たちのあるある掲示板

サイトマップ

Copyright (C)憧れのあの目になれる!大阪の名医が語る二重整形ガイド All Rights Reserved.